Newsroom

マーベル、5G インフラストラクチャ展開に向けて、画期的な エンドツーエンドソリューションを立ち上げ

モバイルワールドコングレス (MWC) で、回線や、エッジ、コアネットワーキングアプリケーションにまたがる 前例のないシリコンプラットフォームを発表

Barcelona and Santa Clara, California (February 25, 2019) – Marvell (NASDAQ: MRVL)

は本日、 OEM の設計要求を超え、5G の新しい回線 (5G NR) システムの開発を加速し、最終的にグローバルなキャリア展開が加速するよう特別に調整した、非常に柔軟なエンドツーエンド最適化 5G プラットフォームを発表しました。 

 

ワイヤレス ネットワーキング テクノロジー市場でのマーベルの地位は、ワイヤレス規格の世代が進むにつれて大きく成長してきました。  今日、マーベルの 3/4G ソリューションは、世界中で 10 億人以上の人々に、携帯電話の受信エリアを提供しています。  5G に関して、マーベルはデジタル処理ドメインのあらゆる側面を可能にする、完全なシリコンプラットフォームを提供しています。

 

先頭に立つマーベル: 未来のネットワークを築く

 

ワイヤレス基地局、マイクロセル、コネクテッドカー、スマートシティ、工場のロボット化などは全てインテリジェント化され、自由で新しく、革新的な 5G の使用例が増えているため、シームレスで高速かつ安全な接続がエッジとコアの間で不可欠となっています。

 

5G NR の初期導入時は、契約者数もそれほど多くはなく、コストと消費電力が高い FPGA ベースのソリューションが主流でした。  ところが大規模な 5G ネットワークになると、ネットワークの無線、エッジ、コアなどにまたがる、まったく新しい高度に統合したシステムアーキテクチャが必要になってきます。  最適化されたコストと消費電力をもとに、エンドツーエンドの安全で瞬時の相互運用性を確保するため、マーベルは前例のないベースバンド DSP、Arm マルチコア SoC、専用ハードウェアアクセラレータ、イーサネットコネクティビティエンジン、システムレベルのセキュリティソリューションなど、数十年にわたるインテグレーションの専門知識を活用しています。  さらに、5G 展開モデルでは、世界中の通信事業者が採用している様々なシステムレベルアーキテクチャを柔軟に実装する必要があります: 固定ワイヤレスのようにアプリケーション固有のものもあれば、様々なレベルのスプリット RAN アーキテクチャやコアネットワークの仮想化を組み込むものもあります。  用途ごとに固有の ASIC を実装する代わりに、マーベルの 5G プラットフォームを使用することで、通信事業者は最終的な導入やユースケースに伴うアーキテクチャ・ニーズに対して適応できるシステムを、迅速に開発できます。

 

「マーベルは、高度に統合したソリューションを介して、5G システムを高速化するため、ネットワークインフラストラクチャの顧客基盤を独自に強化しています」と、米マーベル・セミコンダクターのネットワーク・プロセッサグループ最高戦略責任者兼エグゼクティブ VP を務めるラギブ・フセインは述べています。「具体的には、マーベルの 5G Ready ポートフォリオは、最適化されていないフィールドプログラマブルな 5G 以前のアーキテクチャと比較して、パフォーマンス、電力効率、および全体的な実装コストの点で桁違いに優れています。  要するに、マーベルのテクノロジーの奥深さと幅広さによって、OEMは各々の通信事業者とグローバルエンドマーケットに合わせてインフラソリューションを調整する柔軟性を持つことができます。」

 

「マーベルは、汎用半導体部品を使用した基地局ソリューションのイノベーターとして、既存のポートフォリオの強みと、より高度に統合された最新の製品発売により、5G インフラ展開を最大限に活用できる立場にあります。」と、リシンク・テクノロジー・リサーチ 社のリサーチディレクター兼共同設立者であるキャロライン・ガブリエル氏は述べています。  「マーベルは、ユニークでとても柔軟なシステムレベルのプラットフォームを提供しています。  さらに、キャリアが世界的に 5G サービスを開始する 2019 年はマーベルが重要な役割を果たす年になると考えています」  

 

マーベルのエンドツーエンド 5G 対応ポートフォリオ:

 

高度に分散された超低レイテンシーネットワークでは、意思決定はコアに比較してエッジで自律的に行われることが増えます。  マーベルは、最先端のアプリケーションプロセッサ、セキュアなスイッチ、エッジ分析、脅威の検出、自律的な意思決定のための PHY テクノロジーなどを備えた、マルチアクセス・エッジ・コンピューティングソリューションを通じて、最先端を走っています。  マーベルの 5G NR プラットフォームには以下が含まれます:

 

ワイヤレスアクセス SoC: 受賞歴のある OCTEON Fusion-M 製品ラインは、コストと消費電力が最適化されており、3GPP プロトコルスタック分割と大規模な MIMO 機能でプログラムできます。  マーベルの SoC は、LTE-A と 5G NR の両方のパフォーマンスベンチマークを設定し、主要な業界パートナーを通じて複数の展開を行っています。 

 

トランスポート/EPC コアプロセッサ: マルチコア OCTEON プロセッサは、現在世界中 1,000 万以上の基地局でトランスポート層を稼働させています。  このように現場で実証された豊富な財産により、マーベルは最も要求の厳しい 5G NR のユースケースに対応できるよう、最適化、差別化された製品を提供できます。  マーベルのスケーラブルなデータプレーン・アクセラレーションにより、組込みプロセッサはネットワークの中心にある 5G Core/EPC アプリケーションにも最適です。  業界が仮想化および階層化したトポロジーに移行していく中で、マーベルはトランスポートと EPC コアの両方に、単一の統合アーキテクチャを提供します。

 

イーサネット・ネットワーキング: イーサネットスイッチと物理層デバイスの大手サプライヤーとして、マーベルはシステムレベルの専門知識をキャリアインフラネットワークのスイッチや PHY まで広げました。  マーベル・プレステラ (Prestera) スイッチには、要求の厳しいモバイルインフラストラクチャ環境に必要な、階層型トラフィック管理が含まれています。  さらに、差別化したマーベルのスイッチングソリューションは高度なフローの識別とアクセス制御ができ、ユーザーレベルのセキュリティが可能です。 

 

Wi-Fi コネクティビティ: マーベルは、業界をリードする 8x8 および 4x4 Wi-Fi 6 ソリューションの量産を開始しています。  信頼性が高く確実に認証されたフルセット 802.11ax エンジンには、フル MU-MIMO、OFDMA アップリンクとダウンリンク、マルチギガビットピーク速度、高精度ロケーション、クラウド管理、クラス最高のビームフォーミング、統合型 Bluetooth 5 テクノロジーなどが含まれています。 幅広い NPU サポートと柔軟な構成オプションにより、マーベルのキャリアグレード・コネクティビティソリューションは、世界中の主要なキャリアによる部品採用に弾みがついています。

 

ThunderX2 Arm サーバー: NFV とクラウドへの展開がますます重視されるようになる中、マーベルは5G ポートフォリオを増強、強化するためにワークロード最適化 ThunderX2 サーバープロセッサを導入しました。  このような高度に革新的なソリューションは、次世代キャリアネットワークの展開で極めて重要になります。  PDCP などの従来型の機能のクラウド移行は、マーベルの ThunderX2 アーキテクチャに最適です。
 

マーベルのネットワークインフラストラクチャ・ソリューションの詳細については、www.marvell.co.jp/solutions/carrier/をご覧ください。

 

マーベルについて

 

マーベルは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能としてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 詳しくは、以下をご覧ください: https://www.marvell.co.jp/

 

###

マーベルおよび M のロゴは、マーベルおよび/またはその関連会社の登録商標です。

 

マーベルのメディア広報窓口

Hanna Kang
シニアマネージャー、広報担当
408-222-3780
hhkang@marvell.com

 

Kristin Hehir
シニアマネージャー、広報担当
408-222-8744
kristinh@marvell.com