ニュースルーム

マーベル、 NVMe-oF イーサネット SSD に向けた技術強化を発表

東芝メモリーの業界初のインフォームファクタ NVMe-oF イーサネット SSD を実現し、次世代の完全に統合された SSD コントローラソリューションを発表

カリフォルニア州サンタクララ発(2019 年 8 月 7 日) – マーベル(NASDAQ: MRVL)は本日、業界最先端の NVMe over Fabrics™(NVMe-oF™) 製品系列の強化を発表しました。  この革新的なソリューションでは、東芝メモリ製の NVMe-oF イーサネット半導体ドライブ (SSD)をマーベルの NVMe-oF SSD コンバータコントローラで駆動する世界初のイーサネット直結型 SSD も含まれています。  また、画期的なマーベル® NVMe-oF イーサネット SSD コントローラも用意されています。このコントローラを用いることにより SSD メーカーは市場投入までの時間を短縮でき、イーサネット バンチ オブ フラッシュ (EBOF)が広範囲にわたりデータセンターへの採用促進がなされるように最適化されています。

データ量が急激に増加していくにつれ、それに応じてインフラストラクチャ内部ではより大きなストレージ帯域幅と容量の需要もまた増加していきます。  これらの需要によって、装置メーカー各社は電力消費、設計の複雑さ、システムコストが増していくという課題に悩まされているのが現状です。   ところが NVMe™ および NVMe の登場で、データセンターは従来の古いプロトコルから、革新的なストレージメディアへのアクセス方法への移行が進むようになりました。  従来の PCIe® によるアプローチのかわりに、シンプルで低消費電力のイーサネットファブリックを使用することで、データセンターはインフラストラクチャを最適化することができるので、ストレージに対して求められる要望の増大に応じたハードウェア投資を、より優れたコスト効率とすることができます。 

マーベルは昨年のフラッシュメモリサミットにて革新的なイーサネットベースのテクノロジーを発表しましたが、その技術はその後複数のストレージ エンドユーザーや、サーバーおよびストレージシステム装置メーカー、そして SSD メーカーなどによって、さらに高度な内容に発展してきています。  新しい東芝メモリ社製 2.5 インチのインフォームファクターのイーサネット SSD は、マーベルの NVMe-oF SSD コンバーターコントローラテクノロジーが応用された最初の製品です。  これらの SSD は、マーベルのイーサネットスイッチ製品と組み合わせて使用できます。これにより、最適なストレージ分離が可能となり、高価な CPU および DRAM コンポーネントが不要になるとともに、データセンター全体のストレージパフォーマンスが向上します。

「本日のマイルストーンは、革新的なイーサネット・ベースのソリューションを提供し、スケーラビリティ、柔軟性、データセンターの全体的な保守性を最適化するという、弊社とマーベル社の共通のビジョンを反映しており、これからも両社の提携関係は続きます」と、Toshiba Memory America 社の SSD マーケティングおよび製品計画部門の副代表 Alvaro Toledo 氏は語ります。  「2.5 インチのフォームファクターで、BiCS FLASH™ 3D フラッシュメモリを搭載したデュアルポートの 25GbE NVMe-oF Ethernet SSD の試作品は、マーベル社の NVMe-oF コンバーターコントローラを活用しており、優れた容量、スケーラビリティ、パフォーマンスをシームレスに実現します」

強力な市場の需要を背景に、マーベルは本日、業界初の NVMe-oF イーサネットコントローラを備えたコンピューティングから、スケーラブルで高性能なストレージ分離するため、より高度に統合されたソリューションを発表しました。  マーベルの革新的なソリューションによって、総所有コスト(TCO)を大幅に低減する新しいクラスのエンタープライズおよびデータセンター SSD が実現可能になります。  マーベル NVMe-oF イーサネット SSD コントローラ 88SS5000 は、 Prestera® ファミリー向けパケットプロセッサを搭載した同社データセンターイーサネットスイッチと統合され、あらゆるデータを移動、処理、保存、保護するための次世代インフラソリューションを市場に提供します。

「マーベルは新しい NVMe-oF Ethernet SSD コントローラによって、再び業界初となる製品を市場に投入します。マーベルのエンドツーエンドのイーサネット・ストレージ戦略を強化するうえで、これが大きなマイルストーンになります」と、マーベル・セミコンダクターの Flash Business 部門のマーケティング部門次長の Nigel Alvares 氏は語ります。  「マーベルの強力な NVMe-oF イーサネット技術を最高クラスの SSD コントローラ技術と組み合わせることで、お客様は消費電力、スペース、全体のコストを大幅に減らすことができます。  当社の画期的な EBOF アーキテクチャを幅広く採用するため、エコシステムとしての継続的コラボレーションを期待しています。」 

「 TLC 、 QLC 、および BiCS FLASH™Gen. 4 デバイスを使用した最新のデータセンター SSD コントローラの革新を実現するために、マーベル社と協力できることを嬉しく思います。」と東芝メモリ株式会社のテクノロジー責任者である太田裕雄氏は述べています。  「当社の製品の組み合わせは、データセンター向け NVMe-oF イーサネット SSD の重要な価値提案を説明するのに役立ちます。」

詳細については、次のマーベルの Web ページをご覧ください。 NVMe-oF SSD コンバーターコントローラおよび NVMe-oF イーサネット SSD コントローラ

マーベルは、8 月 6 日から 8 日にかけてサンタクララコンベンションセンターで開催されたフラッシュメモリサミット(エキスポブース#511、展示ホールA)で最先端の NVMe-oF イーサネット SSD コントローラを展示しました。  Nigel Alvares のカンファレンス基調講演「データエコノミーを加速する革新的なチップセットソリューション」は、 8 月 7 日午後 2 時 10 分に開催されました。 PT.

マーベルについて

マーベル・テクノロジーグループは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能にしてデジタル・ストレージの世界に革新をもたらしました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、同様の画期的イノベーションが今なお息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識を基に、マーベル社の半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして、民生機器の市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、次のサイトを参照してください: https://www.marvell.co.jp

###

Marvell、M のロゴ、および Prestera は、マーベルおよび/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 NVMe および NVMe-oF は NVM Express 社の商標です。 これ以外の名前やブランド名が他社の所有物として権利を主張される場合があります。

マーベルのメディア広報窓口

Kristin Hehir
広報担当シニアマネージャー
408-222-8744
kristinh@marvell.com

Hanna Kang
広報担当シニアマネージャー
408-222-3780
hhkang@marvell.com