ニュースルーム

マーベル社がグリーン・コンピューティング・ コンソーシアムに参加

Arm ベースのアーキテクチャとテクノロジーをもとに、中国でのグリーン・コンピューティング・イニシアティブの推進に参画することを表明しました。

カリフォルニア州サンタクララ発(2019 年 10 月 30 日) – マーベル(NASDAQ: MRVL)は本日、中国でのグリーンコンピューティングコンソーシアム(GCC)に参加し、クラウド・データセンター・インフラのグリーン・コンピューティングを目的とする、中国におけるオープンで革新的なエコシステムの構築を支援することを発表しました。  このパートナーシップの一環として、マーベル社は、Arm® アーキテクチャに基づくプラットフォームでのビッグ・データ、エンタープライズ、クラウド・コンピューティングの主要なアプリケーション開発に貢献します。

「最も広くサポートされている Arm ベースのサーバー向けプロセッサである ThunderX2®により、Arm サーバーによるエコシステムの導入スピードを世界的に加速させるという GCC のミッションをサポートするという、独自のポジションにいるのがマーベルです」と、マーベル・セミコンダクターの Server Processor Business 部門の次長兼ゼネラルマネジャーである Gopal Hegde 氏は語ります。  「マーベルは GCC のメンバーと協力し、Arm プラットフォームがもたらす効率と消費電力に優れたアーキテクチャを使用して、統一的なオープン規格のフレームワークとエコシステムを成長させられることを、誇りに思っています」

Armv8-A アーキテクチャをベースとしたマーベル社の ThunderX2 は、x86 コンピューティング市場に代わる魅力的な選択肢を提供し、現在展開されているアーキテクチャと比較して、高性能、低電力、TOC 削減効果に大きく寄与します。  サンディア国立研究所にある世界最速の Arm スーパーコンピューター Astra は、マーベル® 社製 ThunderX2 コアを 145,152 個も搭載しています。

グリーン・コンピューティング・コンソーシアムのゼネラル・ディレクター、ホン・メイ 氏は、次のように述べています。「マーベル社には、Arm コンピューティング・テクノロジーによってグリーン・コンピューティング・エコシステムの発展に大きく寄与していただけるものと、GCC のメンバーとして心から歓迎します。」  「特にマーベル社は、グローバル・コンピューティング業界にとって重要な Arm ベースのチップ・プロバイダーです。そのマーベル社の参加によって、エネルギー消費とデータ・センターが及ぼすインフラ環境への影響が低減される、ベスト・プラクティスの健全な開発がさらに進められるものと期待しています。」

GCC は、2016 年 4 月に中国産業情報技術省の指導の下、アリババ社、Arm 社、バイドゥ社、中国電子標準化研究所、デル社、レノボ社、北京大学、清華大学を含む 17 の設立企業と機関によって共同設立されました。  現在、GCC は、テクノロジー・プロバイダー、プロデューサー、システム・インテグレーター、およびエンタープライズ・ユーザーを含む 55 人のメンバーで構成されています。  詳細については、次のサイトを参照してください。 http://www.opengcc.org

 

マーベルについて

マーベル・テクノロジーグループは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能にしてデジタル・ストレージの世界に革新をもたらしました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、同様の画期的イノベーションが今なお息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識を基に、マーベル社の半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして、民生機器の市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、次のサイトを参照してください: https://www.marvell.co.jp

###

マーベル社、M ロゴ、および ThunderX2 は、米国および/またはその他の国におけるマーベル社および/またはマーベル社の関連会社の登録商標または商標です。 これ以外の名前やブランド名が他社の所有物として権利を主張される場合があります。

 

マーベルのメディア広報窓口

Kristin Hehir
広報担当シニアマネージャー
408-222-8744
kristinh@marvell.com

 

Hanna Kang
広報担当シニアマネージャー
408-222-3780
hhkang@marvell.com