ニュースルーム

マーベルの ThunderX2 ソリューション、マイクロソフト Azure 開発用に採用

内部ワークロード向けの Arm ベース・サーバークラスターは製品革新を継続的に促進

カリフォルニア州サンタクララ発(2019 年 11 月 12 日) – マーベル(NASDAQ: MRVL) は本日、マイクロソフト社がマーベルの ThunderX2TM サーバープロセッサーポートフォリオをベースにして、同社の Azure 向け本番環境レベルの内部サーバーを配備していることを発表しました。

マーベルは、マイクロソフト社および Fii/Foxconn Technology Group の完全子会社である Ingrasys 社と協力して、マイクロソフトの次世代クラウドハードウェア設計である Project Olympus に準拠した ThunderX2 プラットフォームの設計と実装を行います。  マイクロソフトの Project Olympus プラットフォームは、Open Compute Project(OCP)を通じてオープンソース化されています。

Marvell と Microsoft 社の提携関係は OCP U.S. サミット(2017 年 3 月)から始まりました。両社はそこで、Microsoft 社の社内利用向けに開発した、ThunderX2 上で実行するクラウドサービスのワークロードを実演しました。  続いてその年の後半には、両社は OCP を通じてオープンソースコミュニティに対して、ブロック図、管理サブシステム、電源管理、FPGA カードサポート、IO コネクタ、物理仕様など、ThunderX2 サーバーマザーボードの詳細な仕様をリリースし、コミュニティメンバーがワークロードのニーズに合わせて革新的なプラットフォームアーキテクチャーを活用できるようにしました。  このコラボレーションの成果として、マーベルはマイクロソフト社と協力し、 Thunder X2 Arm® ベースのサーバーをマイクロソフトの内部ワークロード用に対応できるようにしました。

ThunderX2 は、デュアルソケット構成 Armv8 ベースのマーベル・サーバープロセッサーの第 2 世代であり、バランスの取れた IO 接続、メモリ・バンド、容量とともに Arm サーバーとして最高の処理性能を提供できるように最適開発されています。  マーベル ®  ThunderX2 プロセッサーファミリーは、 Armv8–A アーキテクチャー仕様に完全に準拠しており、優れたメモリ帯域幅と同容量を提供することで高い処理性能を発揮するように最適化されています。  これは、 Armv8 アーキテクチャーの低消費電力、エネルギー効率、および最適化されたアーキテクチャーを活用しているため、スケールアウト形クラウド構成およびコンピューティング負荷の高いアプリケーションで一連のワークロードプロセスを実行するのに適しています。

「マーベルと Ingrasys は、マイクロソフト Azure インフラストラクチャーの最も厳しい品質とパフォーマンスの要件にも対応している魅力的なプラットフォームソリューションを提供するために協力したのです」と、 Ingrasys 社のエンジニアリングおよび製品運用担当副社長である Ben Ting 氏は述べました。さらに、  「この Azure での ThunderX2 サーバーの採用は、システム設計、ファームウェア開発、標準の検証、アプリケーションの最適化にまたがるコラボレーションの集大成です。  また、マイクロソフトの Project Olympus のこの実装の結果として、Open Compute Project コミュニティ全体に対してますますプラスの影響となることを期待しています」とも述べています。

「Microsoft 社がマーベルの ThunderX2 ソリューションを Azure に配備することで、業界一の導入実績を誇る Arm ベースのソリューションを持つマーベルのポジションが、さらに強化されます」と、マーベル・セミコンダクターの Server Processor Business 部門の次長兼ゼネラルマネジャーである Gopal Hegde 氏は語ります。 「ThunderX2 が Azure のインフラストラクチャおよびアプリケーション・ソフトウェア環境に統合されますが、これもまた、ThunderX2 プラットフォームが成熟したことを示す証です」

マイクロソフト社で Azure の技術リーダーを務める Leendert van Doorn 博士は次のように発言しています。「マイクロソフトの Project Olympus クラウドハードウェアとマーベルの ThunderX2 サーバープロセッサの展開は、Azure クラウドインフラストラクチャーでの Arm64 製品開発を強化するマイルストーンともなっています。 マイクロソフトとしてはプラットフォームの革新を推進することが使命であり、ハードウェア・アーキテクチャーに対するサポートの拡大は、業界のリーダーシップや最善の選択に対する責任の一環です。 マーベルと Ingrasys 社とのコラボレーションにより、社内で使用可能な最も優れ最高のパフォーマンスを持った Arm サーバーソリューションが実現しました」

 

マーベルについて

マーベル・テクノロジーグループは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能にしてデジタル・ストレージの世界に革新をもたらしました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、同様の画期的イノベーションが今なお息づいています。 最先端の知的財産とシステムレベルの深い知識により、マーベルの半導体ソリューションは、エンタープライズをはじめ、クラウド、自動車、産業機器、消費者市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、次のサイトを参照してください: http://www.marvell.co.jp/

 

###

マーベル社、M ロゴ、および ThunderX2 は、米国および/またはその他の国におけるマーベル社および/またはマーベル社の関連会社の登録商標または商標です。  これ以外の名前やブランド名が他社の所有物として権利を主張される場合があります。