ニュースルーム

マーベル、データセンターとクラウドでの高密度実装向けに、100GシリアルI/OとMACsecセキュリティを備えた業界初のデュアル400GbE PHYを提供

高速SarDesテクノロジーによるPHY接続ソリューションにおけるマーベルのリーダーシップをさらに強化 

カリフォルニア州、サンタクララ発(2020年 3 月 9 日) - マーベル(NASDAQ: MRVL) は本日、次世代のセキュアな高密度オプティカルインフラストラクチャ駆動用に設計された、100GbEシリアル電気I/O機能を備えた業界初のデュアル400GbE(ギガビットイーサネット)PHYトランシーバを発表しました。 データ容量の増加により、データセンターとクラウドプロバイダーには前例のないほどの需要が生じており、より高いスループットとエネルギー効率を実現できる革新的なテクノロジーの必要性が高まっています。 マーベルの100GシリアルI/Oを搭載した新しいPHYデバイスは、データセンターネットワークのフェースプレート帯域幅を2倍にすると同時に、総消費電力とビットあたりのコストを削減します。 この新しいデバイスは、256 ビットのMACsec 暗号化によりポイントツーポイントのセキュリティを強化し、同期を強化するためのクラスC準拠のPrecision Time Protocol (PTP)タイムスタンプと、高密度400GbEおよび100GbEでの導入に対応する業界最高のマーベル112G PAM4SerDes テクノロジーを提供します。

100G直列電気信号光モジュールの出現により、電気I/O速度と光I/O速度との間の1:1マッピングが可能になります。 これにより、400GbE光モジュール内の追加回路が不要になり、ラムダ光I/Oあたりの電気I/Oを50Gから100Gに変換できるため、コストと電力を削減できます。 100GのシリアルI/Oを備えたPHYトランシーバーを最初に市場に投入したマーベルは、この移行プロセスの最前線にいます。 この新しいPHYトランシーバは、ネットワークOEMに、QSFP-DDおよびクラウドおよびデータセンターアプリケーション用OSFPフォームファクタの高密度デュアル400G/8G100G光モジュールに必要な最先端技術を提供します。

マーベルの最新デュアル400GbE MACsec PHYである88X9121Pにより、50G PAM4と100G PAM4ベースの400GbE、200GbE、100GbE実装間同士の変換をサポートし、現世代のスイッチASICと次世代の光ファイバ間のインターフェースが可能になります。 88X9121Pは、最近発表された88X7121Pとフットプリントおよびソフトウェアの両方において互換性があり、100GbEシリアルI/Oを備えたモジュールへの移行を容易にするシームレスなアップグレードパスを提供します。

マーベルのネットワーキングビジネスグループでエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントを務めるFaraj Aalaei氏は、「豊富な機能を備えた100GシリアルI/Oベースのデュアル400GbE PHYの導入は、グローバルなデータセンターおよびクラウドセクターの次の発展段階において重要な役割を果たすことになるでしょう。」と述べています。 「100Gシリアル信号方式への移行は、次世代のスイッチング・ソリューションに必要な高密度光相互接続にとってきわめて重要です。 データセンターやクラウドプロバイダーがより大きなコンピューティング帯域幅と効率性を顧客にもたらす上で、当社の最新のPHYトランシーバーは100GシリアルI/Oベースの光学機器への業界の移行を推進することになるでしょう。」 

「マーベルにはSerDes技術における革新の豊富な歴史があり、SoC設計とイーサネットに関する専門知識によってさらに強化されています。」こう述べるのは、センター・エンジニアリング担当シニア・ヴァイス・プレジデントのSandeep Bharathi氏です。 「当社の最新のPHYトランシーバデバイスは、先進のFinFETプロセスにおける最先端の112GPAM4SerDesソリューションを、100GbEシリアルI/Oを備えた業界初のデュアル400GbE MACsec PHYに統合することにより、マーベルのSerDesテクノロジーのリーダーシップをさらに強化します。」

The Linley Groupのネットワーク担当主席アナリストBob Wheeler氏は、「100GbpsのシリアルI/Oが基本的な速度だと考えており、400GbEポートの出荷台数は、2023年までに650万台に達する見込みです。」と述べています。 「マーベルの新しいPHYは、100Gbpsの電気および光におけるシリアル接続の普及に弾みをつけるマイルストーンであり、クラウドデータセンターへの400GbE導入加速に弾みをつけることでしょう。」

88X9121Pは、マーベルの人気商品であるAlaska® Cイーサネットトランシーバファミリの最新製品です。 これは、 400GbE、100GbE および 50GbE の IEEE 規格に完全準拠であるとともに、 QSFP-DD および OSFP 光 モジュールとインタフェースするための電気的仕様を超えています。 88X9121Pポイント・ツー・ポイント・リンク用の IEEE802.1AE256 ビット MACsec の暗号化で、より一層セキュリティが強化されているほか、スイッチ ASIC にこの機能を含めることによるコストと電力を悪化させずに、 MACsec 暗号化を柔軟に展開できるようになりました。 このデバイスにより提供される高精度のクラスC PTPタイムスタンプは、キャリアとそのネットワークインフラストラクチャパートナーによって現在義務付けられている高いタイミング精度レベルを提供します。

Marvell 88X9121P は現在サンプル出荷中です。

マーベルの88X9121P PHYトランシーバの詳細については、 https://www.marvell.com/products/transceivers/alaska-c-gbe/88x9121p.htmlをご覧ください。

マーベルについて

マーベル・テクノロジーグループは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能にしてデジタル・ストレージの世界に革新をもたらしました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、同様の画期的イノベーションが今なお息づいています。 最先端の知的財産とシステムレベルの深い知識により、マーベルの半導体ソリューションは、エンタープライズをはじめ、クラウド、自動車、産業機器、消費者市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、次のサイトを参照してください: http://www.marvell.co.jp/

###

Marvell、M のロゴ、および Alaska は、マーベルおよび/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。  これ以外の名前やブランド名が他社の所有物として権利を主張される場合があります。