製品
会社概要
サポート

ニュースルーム

マーベル、100 万台目の OCTEON 搭載 LiquidIO SmartNIC を出荷

最も広く導入されている DPU として、OCTEON ファミリはクラウド環境に最適化された、パフォーマンス、コスト、および処理能力を提供します

 

カリフォルニア州サンタクララ — 2020 年 9 月 30 日 – 本日、マーベル (NASDAQ: MRVL) は 100 万台目の OCTEON 搭載 LiquidIO® SmartNIC の出荷を発表しました。 マーベルの OCTEON® ファミリは、SmartNIC クラウド用途で最も広く導入されているデータ・プロセシングユニット (DPU) です。 複数世代続いた実績ある OCTEON ソリューションに続き、現在では最新リリースの LiquidIO III SmartNIC が幅広く展開されています。

クラウド・インフラにおいては、パフォーマンス、コスト、処理電力を大規模に最適化することが不可欠です。 OCTEON LiquidIO SmartNICソリューションを使用すると、データセンターはユーザー指定のワークロードを高度に最適化されたオフロードエンジン側に移動して、総所有コストを抑えながら、速度と効率を大幅に向上させることができます。 こに手法での主な利点は、顧客がインフラストラクチャ・ワークロードに使用されるデータセンターのコンピューティング・コアを解放して、アプリケーションの効率を劇的に向上できることです。

LiquidIO SmartNIC 製品ラインは 100 万ユニット以上が出荷されました。 最新のソリューションである LiquidIO III は、マーベルの広く導入されている OCTEON TX2 DPU に、最大 36 基の Arm®V8 ベースコア、5x100G ネットワーク接続、最大 2 基の PCI Express Gen 4x16 ホストインターフェイス、および 6 チャネルの DDR4 3200 コントローラーを組み込んだ SmartNIC プラットフォームです。 このソリューションは、オープン・プラットフォーム・ソフトウェア API を備えた専用の OCTEON ハードウェアブロックを活用して、暗号化操作、パケット処理、セキュリティ・プロトコル、仮想スイッチ、トラフィック管理、およびトンネリング操作をアンロードおよび高速化する独自の能力を備えています。 マーベルの DPDK ネットワーキングスイートは、暗号化、IPSec、TLS、ネットワーク・トラフィック管理、およびパケット処理向けのパフォーマンス最適化ソリューションをサポートします。 これにより、このソリューションは、データ処理、SDN、ネットワークオーバーレイ手法、仮想アプライアンス、データセンター内の仮想RANソリューション、および新たな新しいセグメントに最適です。 さらに、マーベルは複数のクラウド・ハイパースケーラー・データセンター・オペレーターと提携しており、独自の知的財産と強化され広く展開されているマーベルの OCTEON LiquidIO SmartNIC DPU とを組み合わせることができるようにカスタマイズされたソリューションを開発しています。 この独自のサービスにより、データセンター・インフラストラクチャを最適化し、革新的なクラウドサービスを提供できます。

「OCTEON ファミリは、ユーザー定義のインフラストラクチャのオフロード化、およびハイパースケール・データセンター内のアプリケーション・アクセラレーション向けに設計されました」と、マーベルのインフラストラクチャ・プロセッサ事業担当副社長のジョン・サカモトは述べています。 「現在データ・プロセシングユニットと呼ばれているこのコンピューティング分野のパイオニアは、最初 2005 年に OCTEON により導入したマーベルです。 OCTEON TX2 LiquidIO III SmartNIC は、データセンター SmartNIC 市場におけるマーベルの先進性を大幅に改良するものです。」

LiquidIO III の恩恵を受ける最初のお客様のひとつは、Oracle 社です。 Oracle 社のネットワーキング、ストレージ、およびマイグレーション担当上級副社長であるヴィサル・シロドカール氏は、次のように述べています。「マーベルの OCTEON
LiquidIO III を当社のデータセンターに導入することで、オラクルは高度にカスタマイズ可能な仮想クラウド・ネットワークと強化されたファイアウォール・セキュリティ機能を顧客に提供できます。」 「これらの機能をコンピューティング・プロセッサから移行させることで、Oracleは業界をリードする TCO を市場に提供できます。」

「マーベルは、クラウドデータセンターを対象とした独自の LiquidIO カードで SmartNIC 市場を開拓しました」と、The Linley Group の主席アナリストであるボブ・ウィーラー氏は述べました。 「第三世代の SmartNIC は、100G イーサネット・サーバー接続を可能にしつつ、優れた顧客プログラマビリティを提供し続けます。」

マーベルの OCTEON LiquidIO SmartNIC ソリューションは、クラス最高のパフォーマンス、容量、信頼性、およびプログラマビリティを提供します。 このソリューションは、システムとワークロードの効率とパフォーマンスを向上させ、セキュリティを強化し、顧客が市場投入にかかる時間を短縮します。

OCTEON LiquidIO III SmartNIC プラットフォーム・ソリューションが利用可能になり、現在生産中です。

詳細についてはhttps://www.marvell.com/products/infrastructure-processors/multi-core-processors/liquidio-smart-nics.html をご覧ください。

マーベルについて

世界をつなぐデータインフラ技術をお届けするために、お客様とのパートナーシップという最も強力な基盤の上に ソリューションを構築しています。 25 年間にわたりグローバルな大手テクノロジー企業からご信頼をいただき、お客様の現在のニーズ、将来の展望に合わせて設計された半導体ソリューションにより、世界中のデータを動かし、保存・処理、そして保護しています。 しっかりとしたコラボレーションと透明性のある過程を通じて、マーベルは明日のエンタープライズ、クラウド、自動車およびキャリアアーキテクチャの変革を究極的により良い方向へと変えていきます。

Marvell® と M® ロゴは、マーベル・テクノロジー・グループ・リミテッド及びその関連会社の登録商標です。 マーベルの商標のリストについては、www.marvell.comを参照してください。 其他名称与品牌可能是其他方财产。