製品
会社概要
サポート

ニュースルーム

マーベルとアナログ・デバイセズ社、5G Massive MIMO 用無線機ソリューションを発表

マーベルのベースバンドソリューションをアナログ・デバイセズ社の RF トランシーバ・プラットフォームと組み合わせ、費用対効果の高いマルチアンテナ無線機を実現

米国カリフォルニア州サンタクララおよびマサチューセッツ州ウィルミントン (2020 年 12 月 8 日) - マーベル(NASDAQ: MRVL)およびアナログ・デバイセズ社 (ADI)は本日、統合型 RAN とオープン RAN 展開の両方に対して、マルチアンテナとマルチ Gbps のスループットをサポートする最新型 4G/5G 無線機(RU)のデザインを発表しました。 両社の補完的な無線用半導体およびRU ソフトウェアスイートを活用することで、この協業によって得られた次世代 Massive MIMO RU デザインは、統合型 RAN とオープン RAN 展開の両方に対して、ASIC ソリューションが持っている電力、重量および性能の向上をもたらします。

5G の展開は引き続き増加しており、顧客が期待する性能を提供するため、ネットワーク運用者はより高容量な RU システムをますます求めるようになってきています。 この ADI とマーベルによるソリューションにより、より多くの OEM がマーケットに競争力のあるソリューションを提供することが可能になり、既存の無線局の容量を増すことが可能になります。 現在進行しているオープン RAN への移行により、新たに立ち上げられるソリューションでは O-RAN split 7.2x の機能をネイティブでサポートします。

「この取り組みにおける ADI との協業の目標は、完全でオープンな規格ベースの RU プラットフォームを提供することであり、それはそれぞれの会社が最善を尽くしたものを利用しています」とマーベルの上級副社長兼プロセッサビジネスグループ担当ゼネラルマネージャであるラジャ・シンは語ります。 「私たちは、32T32R パフォーマンス、ビームフォーミング、DFE 機能をサポートできるMassive MIMO RU ソリューションを提供するために必要なデバイスの数を最小限にしたいと考えていました。 ADI のトランシーバソリューションはマーベルの RU およびデジタルユニットベースバンドの提案に完全に合致するものであり、次世代の RU デザインにおいて業界がまさに求めていたものでした。」

「極めて高容量の無線機に対する需要は爆発的に増加しています」と語るのは ADI の無線通信部門担当副社長、ジョー・バリー氏です。 「マーベル社と協力することで、ADI は先行することができ、業界による 32T32R 無線機またはそれよりも容量のあるユニットへの移行を支援しています。 同時に、差別化された無線用アーキテクチャとアルゴリズムを提供することで、運用者はその投資と運用費の両方を効果的に管理できるようになります。」

この 5G Massive MIMO RU ソリューションには、先進のプログラマブル・デジタルフロントエンドを含んだ ADI の次世代トランシーバテクノロジーが採用される予定です。 マーベルはそのベースバンドデバイスを提供し、それによってビームフォーミングと低次の L1 ソフトウェアをサポートする O-RAN split 7.2 を提供します。 このソリューションは、RU ソリューションの先駆的イノベータである Benetel 社との協業によって開発された統合システムレベルのハードウェア基準設計を提供します。 初回試作は 2021 年後半を予定しています。

アナログ・デバイセズ社について

アナログ・デバイセズ社は最も困難な工学課題をお解決することを目標とした世界をリードする高性能アナログ技術企業です。 アナログ・デバイセズ社は物理とデジタルをインテリジェントにつなぎ、検知・測定・駆動・接続および解釈する無類の技術を用いて、お客様が身の回りの世界を解釈できるようにいたします。  http://www.analog.comをご覧ください。

マーベルについて

世界をつなぐデータインフラ技術をお届けするために、お客様とのパートナーシップという最も強力な基盤の上に ソリューションを構築しています。 25 年間にわたりグローバルな大手テクノロジー企業からご信頼をいただき、お客様の現在のニーズ、将来の展望に合わせて設計された半導体ソリューションにより、世界中のデータを動かし、保存・処理、そして保護しています。 しっかりとしたコラボレーションと透明性のある過程を通じて、マーベルは明日のエンタープライズ、クラウド、自動車およびキャリアアーキテクチャの変革を究極的により良い方向へと変えていきます。

###

これ以外の名前やブランド名についてはそれぞれ各社の所有物としてその権利を主張される場合があります。マーベルの商標のリストについては、www.marvell.comを参照してください。 これ以外の名前やブランド名についてはそれぞれ各社の所有物としてその権利を主張される場合があります。

 

詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。
ステーシー・キーガン
マーベル
企業マーケティング担当副社長
pr@marvell.com

リンダ・キンケイド
アナログ・デバイセズ社
グローバルPRマネージャー
linda.kincaid@analog.com

将来予想に関する声明

この発表には、1995年の民事証券訴訟改革法に定めた責任を制限するセーフハーバーに該当することを意図した将来に関する記述が含まれている可能性があります。 これらの将来予想に関する声明には、他の件に含めて、シン、ラビノビッチおよびバリー各氏の声明、ならびにアナログ・デバイセズ社とマーベルの間の協業に関連した予測される機会、利用、利益、製品およびサービスの提供、開発に関するその他の声明、ならびに Massive MIMO ソリューションの初回試作品の予測される時期が含まれており、これらは会社が運営されている業界およびマーケットに関する現時点での期待、確信、仮定、推定、予測および予想に基づくものです。 この発表に含まれている声明は将来の業績を保証するものではなく、本質的に不確実で、予想し得ぬ特定のリスク、不確定要素および仮定を伴います。 そのため、実際の成果と結果は当該将来予測に関する声明における表現とは大きく異なることがあり、声明をこのプレスリリース以降の任意の時点におけるアナログ・デバイセズ社またはマーベルの予測または確信を示すものとして信用すべきではありません。 将来予想に関する声明において説明された、黙示的に示されたまたは予測された結果と大きく異なる実際の結果の原因となる重要な要因には、アナログ・デバイセズ社とマーベルの間の協業に関連する製品、技術およびソリューション等の設計、生産およびマーケティングにおける困難または遅延、COVID-19 の全世界的大流行による経緯、影響および不確実性、ならびにその他アナログ・デバイセズ社およびマーベルの証券取引委員会への最近の申請において説明されたリスク要因等があります。 アナログ・デバイセズ社およびマーベルは、両社が行った将来予想に関する声明を更新する義務を何ら負いません。