当社はデータインフラストラクチャの将来を開拓しています。

製品
会社情報
サポート

2019 年 5 月 1 日

コネクテッドインテリジェンスの新時代に向けたデータセンターアーキテクチャーの革命

寄稿 ジョージ ハーベイ, マーベルセミコンダクタ社 主任アーキテクト

現在確立されているメガスケールのクラウドデータセンターのアーキテクチャは、長年にわたるグローバル規模のデータ要求に対してのサポートは十分でしたが、ここへきて根本的な変化が起きています。 たとえば 5G、産業オートメーション、スマートシティ、自律走行車などでは、ネットワークエッジからデータに直接アクセスできるようにする必要性が高まっています。データセンターには、消費電力の低減、低遅延、小型化、およびコンポーザブル・インフラストラクチャなどの新しい要件をサポートするための新しいアーキテクチャが必要です。

コンポーザビリティは、データストレージリソースの分離を提供することで、データセンターの要件を満たすためのより柔軟で効率的なプラットフォームを提供します。しかし、それをサポートするために最先端のスイッチソリューションが必須となります。  12.8Tbps で動作可能な Marvell®Prestera CX 8500 イーサネットスイッチ製品ファミリーには、データセンターアーキテクチャを再定義するための 2 つの重要な革新技術が用意されています。ひとつはテラビットイーサネットルーターのスライス(FASTER)テクノロジーを使用していること、そして2つ目は Storage Aware Flow Engine(SAFE)テクノロジーを使用した転送アーキテクチャーを採用したことです。

FASTER および SAFE テクノロジーにより、Marvell® Prestera CX 8500 ファミリーはネットワーク全体のコストを 50% 以上も削減します。加えてより低い消費電力、小型および低遅延であることも大切なポイントです。そしてフローごとの完全な可視性が備えられていることで、輻輳の問題が発生している場所を正確に特定することができます。

Marvell Prestera CX 8500デバイスがデータセンターアーキテクチャーに対して革新的とも言えるアプローチについて、以下のビデオでご覧いただくことができます。

 

 

タグ:

コメントは現在使用できません。