Posted on

From Strong Awareness to Decisive Action: Meet Mr. QLogic

By Nishant Lodha, Director of Product Marketing – Emerging Technologies, Marvell

Marvell® Fibre Channel HBAs are getting a promotion and here is the announcement email –

I am pleased to announce the promotion of “Mr. QLogic® Fibre Channel” to Senior Transport Officer, Storage Connectivity at Enterprise Datacenters Inc. Mr. QLogic has been an excellent partner and instrumental in optimizing mission critical enterprise application access to external storage over the past 20 years. When Mr. QLogic first arrived at Enterprise Datacenters, block storage was in a disarray and efficiently scaling out performance seemed like an unsurmountable challenge. Mr. QLogic quickly established himself as a go-to leader and trusted partner for enabling low latency access to external storage across disk and flash. Mr. QLogic successfully collaborated with other industry leaders like Brocade and Mr. Cisco MDS to lay the groundwork for a broad set of innovative technologies under the StorFusion™ umbrella. In his new role, Mr. QLogic will further extend the value of StorFusion by bringing awareness of Storage Area Network (SAN) congestion into the server, while taking decisive action to prevent bottlenecks that may degrade mission critical enterprise application performance.

この相応の昇格についてQLogicを祝福してください。

大きなプロモーションの直後に現実が始まり、誰もがあなたが彼らのために何をしようとしているのか、そしてあなたがあなたの新しい役割にどのように付加価値を与えるのかを尋ねます。あなたは期待に応えますか?

この3部構成のブログで(事実上)一緒に旅をして、QLogic氏がどのように貢献しているかを見てみましょう!

第1部: 異機種SANとフラッシュは新たな課題をもたらします

急速なデジタル化の時代、在宅勤務、モビリティ、データの爆発的な増加の中で、ますます多くの組織が、ビジネスの維持と成長のために堅牢なデジタルインフラストラクチャに依存しています。ホストされるビジネスクリティカルなアプリケーションは、大容量で予測可能な方法で実行する必要があります。ファイバーチャネルは、引き続きサーバーアプリケーションとストレージアレイデータの間で選択される接続です。 FC SANは輻輳(ふくそう)のない状態を維持する必要があります。そうすることで、ワークロードをピーク時に実行したり、アプリケーションが停止したりパフォーマンスが低下したりしてビジネスの中断を招く危険性があります。

ファイバーチャネルは、バッファー間クレジットを持つ専用ネットワークに実装されるため、超信頼性で知られています。現実のパラレルについては、目的地の保証された駐車スポットを考えて、私道を出る前にそこにあることを知ってください。 これは、2つの直接接続されたデバイス間でうまく機能し、最近までFC SANの輻輳は一般的に個別の問題でした。ただし、SANの輻輳は、次の理由でデータセンターのより多くの場所で発生するより深刻な問題になる可能性があります。

  1. 異機種混在SANの速度: データセンターでは16GFCと32GFCの普及が進んでいますが、4 / 8GFCは依然としてファブリックの一部です。不一致の速度で動作するサーバーとストレージFCポートは、それらの間のリンクを混雑させる傾向があります。
  2. CapEx / OpEx プレッシャー :グローバルなパンデミックの中で、企業はOpExを最適化して収益を増やすという前例のないプレッシャーにさらされています。同じサーバーでより多くのアプリケーション/ VMがホストされているため、既存のSANへのストレスが高まり、以前はバランスが取れていたSANが輻輳しやすくなります。
  3. フラッシュ ストレージ: メディアの回転という理由でFC SANがパフォーマンスの制約を受けるということはなくなりました。 NVMeとFC-NVMeの登場により、SANは限界に達し、既存のリンク(4 / 8GFC)はAFA帯域幅を維持できなくなり、輻輳や輻輳の拡大につながるオーバーサブスクリプション・シナリオが作成される可能性があります。
  4. データの急増: データセットとデータベースの規模は拡大しており、これらのアプリケーションをサポートするファイバーチャネルSANも同様に拡大しています。SANアーキテクチャのスケールアウト、ドメイン内のポートとエンドポイントの増加は、単一の輻輳イベントが広範囲のアプリケーションとサービスに広がり、影響を与える可能性があることを意味します。

FC SANs are lossless networks and all frames sent must be acknowledged by the receiver. The sender (e.g. a Storage Array) will stop sending frames if these acknowledgments are not received. Simply put, the inability of a receiver (e.g. FC HBA) to accept frames at the expected rate results in congestion. Congestion can occur due to misbehaving end devices, physical errors or oversubscription. Oversubscription due to the reasons outline above is typically the main culprit.

携帯電話のスクリーンショット

自動生成された説明

「意識的で決定的な」FC HBAのご紹介

マーベルのQLogicファイバーチャネルHBA(別名Mr.QLogic)とその StorFusion のエンドツーエンドのオーケストレーションおよび管理機能のセットは、SANファブリックのパフォーマンス条件を「認識」し、可能なアクションの観点から「決定的」であるソリューションを構築するために拡張されています 輻輳のような、ファブリックを低下させてアプリケーションのパフォーマンスを低下させる可能性のある状態を防止および軽減するために必要です。

マーベル・QLogicユニバーサルSAN輻輳緩和(USCM)テクノロジーは独立して動作し、BrocadeおよびCisco FCファブリックと連携して、輻輳の検出、通知、および回避を可能にすることにより、SANの輻輳を緩和します。QLogicの輻輳「認識」機能とは、輻輳の兆候を通知されるか、もしくは自動的に検出できることを意味します。次にQLogicの「決定的」アクション機能は、トラフィックをより最適化されたパスに切り替えるか、低速デバイスを優先度の低い仮想チャネルに隔離することにより、輻輳を防止または解決することを目的としています。

Available immediately, QLogic Enhanced 16GFC (2690 Series) and Enhanced 32GFC (2770 Series) Adapters have the ability to deliver a wide range of these SAN Congestion Management capabilities.

第2部と第3部のプレビュー

QLogic氏がここで問題を解決していて、輻輳からFC SANを救うための正しいビジョン、動機、専門知識を持っていると思われる場合は、続編に戻ってください。

In Part 2, I will talk about the underlying industry standards-based technology called “Fabric Performance Notification” (FPINs) that form the heart of the QLogic USCM solution.

第3部では、実際のテクノロジーとMarvell QLogicソリューションの独自性について説明します。これは、BrocadeとCisco SANファブリックの両方の輻輳管理を実現できるためです。

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

コメントは現在使用できません。