Newsroom

マーベル、フラッシュメモリサミットで革新的なEDSFFのデータストレージソリューションを実証

高度なリファレンスデザインが、クラウドとエンタープライズデータセンター向けの費用対効果が高く高密度の設定が可能なSSDソリューションでEDSFF採用を支援

Santa Clara, California (August 7, 2018) – マーベル・テクノロジーグループリミテッド (Marvell Technology Group Ltd. 以下マーベル ) (NASDAQ: MRVL) は本日、新興エンタープライズ・データセンターの SSD フォームファクター (EDSFF) 実装向けの新しいリファレンス・デザイン・ソリューションを発表しました。 これらの包括的な EDSFF リファレンス・デザインパックは、より高密度で大容量の SSD に対するデータセンターとエンタープライズ部門からのニーズの高まりに対応して、マーベル最新の PCIe® Gen 3x4 SSD コントローラを搭載しています。

このリファレンス・デザインは、 8 チャンネル 88SS1088 SSD コントローラまたはペアの 8 チャンネル 88SS1098 コントローラのどちらかが EDSFF ボードに付属する構成です。 これらの NVMe™ SSD コントローラに加え、マーベルは、 88NR2241 インテリジェント NVMe スイッチも、拡張可能なデータセンターのストレージアーキテクチャチップセットソリューションとして提供しています。 88NR2241 は EDSFF ボード上に実装可能で、クラウドとエンタープライズ・データ・センターの機能を拡張し、総所有コストを削減することができます。 スイッチは、デュアルポートへの対応、 SSD の仮想化、複数の NVMe SSD の間のパフォーマンスの集約ならびにリソース管理ができるように設計されています。

88SS1088 と 88SS1098 のペアは、最大 32TB のデータストレージ容量を提供でき、ベンダーの NAND メモリとの使用に適しています 今年 3 月に発売されたこれらの SSD コントローラは、最大 3.6GB / 秒のスループットと、最大 1 秒あたり 700k のランダムな入力出力 (IOPS) を実現する、クアッドコア (88SS1098) とデュアル、クアッドコア (88SS1088) Arm® Cortex ® - R 5 アーキテクチャに基づいています。 これらは、さまざまな低レイテンシーのシングルレベルセル (SLC)、マルチレベルセル (MLC) オリエンテーションで実装されており、トリプルレベルセル (TLC) とクワッドレベルセル (QLC) もこれに含まれます。 両方がマーベルの最新世代の NANDEdge™ 低密度パリティチェック (LDPC) エラー修正技術を特徴とし、高度の耐久性、信頼性、およびデータの整合性が維持され、 SSD 運用期間の長寿命化が保証されます。

マーベルの SSD およびデータセンターのストレージ製品本部長、 Nigel Alvares 氏は次のように述べています。「マーベルの EDSFF リファレンスデザインは、最高レベルの総所有コストを実現する最適化された電力性能アーキテクチャで、当社のクラウドおよびエンタープライズ SSD コントローラの能力を十分に発揮させ、新たな要望にも対処できます。 これは、エンタープライズおよびクラウドデータセンターでの使用に耐える、柔軟で拡張性とコスト効果が高く、また信頼性の高いストレージソリューションを提供するための重要な構成要素を開発するという、深く根差したマーベルの目的を改めて表明するものです。」 「このソリューションを通して、クラウドおよびエンタープライズ・データセンター運営者の、多様化する SSD 要件に対応する、最適化されカスタマイズ可能なソリューションを使用することで、SSDメーカーは製品化までの時間を短縮できると、マーベルは期待しています。」

Forward Insights 社の創立者であり主席アナリストの Gregory Wong 氏は次のように述べています。「データストレージビジネスに影響を及ぼしているダイナミクスとは、極めて限られたスペースの筐体に より多くのメモリを収め、利用可能な帯域幅に対して正確に合致させる複雑なワークロードが増大すると予想されています。 しかも同時に、システムの寿命または提供されるサービス品質のいずれも犠牲にすることはできません。」 「 EDSFF は、進歩を推し進めるカギとなるストレージフォームファクターのひとつで、ちょうど紹介したリファレンスデザインにより、マーベル社はこの進化の最前線にいると言っても過言ではないでしょう。」

マーベル社は、 8 月 7 日から 9 日にサンタクララ・コンベンションセンターで開催される、フラッシュメモリサミットのブース 511で、 EDSFF リファレンスデザインと、その他の先進的なデータストレージ製品のデモを行います。

マーベルについて

マーベルは当初、かつて不可能と思われた高速データ転送速度を可能にしてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、 www.marvell.co.jp (日本語) または www.marvell.com (英語) でご覧いただくことができます。

<ご参考資料> *このプレスリリースは2018 年 8 月 7 日に米国で発表された資料の抄訳です。

###

*Marvell®  と M®  ロゴは、Marvell Technology Group Ltd. およびその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

* NANDEdge は、マーベル社および / またはその関連会社の商標です。 PCIeは、PCI-SIG Corporation の登録商標です。

 *その他記載されている会社名や技術名、製品名、サービス名などは、一般に各社の商標または登録商標です。 

 詳細については、以下の担当者にお問い合わせください。

 マーベル・メディア広報窓口
 クリスティン・ヘヒル (Kristin Hehir)
シニアマネージャー、広報担当
(米国) 408-222 -8744
kristinh@marvell.com

 ハナ・カン (Hanna Kang)
シニアマネージャー、広報担当
(米国) 408-222 -3780
hhkang@marvell.com