ThunderX2 ARM プロセッサ

データ負荷の高いアプリケーションやクラウド インフラストラクチャ向けのパフォーマンスに優れたプロセッサ

ThunderX2 ARM プロセッサ

マーベル ThunderX2 製品ファミリは、1レベル上のコンピューティングパフォーマンスとエコシステムを提供することにより、主流となるクラウドおよびハイ パフォーマンス コンピューティングのデータセンタにおける ARM サーバーの採用および実装を加速させるよう設計された、クラス最高の 64 ビット ARMv8 ベースのプロセッサで構成されています。 ThunderX2 ファミリには、クラウドおよび HPC(ハイ パフォーマンス コンピューティング)データセンタにおいて、最も負荷の高いコンピューティング、ストレージおよびネットワーキングなどのワークロードに、容易に対応する複数の SKU があります。

主な機能と特長

  • パフォーマンスに優れ、1コア4スレッドで完全 out-of-order(OOO)実行可能なカスタム CPU コアを最大 32 個搭載
  • シングルおよびデュアル ソケット構成をサポートし、6Tbps のコヒーレンシ ファブリックにより、デュアルソケット両方で完全にキャッシュ コヒーレントを実現
  • チャネルあたり 2666 MT/s の広帯域メモリー コントローラを8チャンネル持ち、4 rank/channel の DDR4 をサポート
  • 内蔵するマネージメント プロセッサによる省電力およびシステム制御
  • 56 レーンの PCIe Gen3 を持ち、x16, x8, x4, x2, および x1 モードで利用可能なコントローラを 14 個内蔵 
  • GICv3に適合した割込コントローラ、およびシステム メモリ マネージメント ユニット (SMMUv3) による I/O の仮想化に対応し、PCIe の SR-IOV もサポート
  • SATAv3 x2 ポート、USB3.0 x2 ポート、および GPIO を内蔵

 

アプリケーション

 

Marvell ThunderX2 CRB プラットフォーム

 

マーベルは、ThunderX2 ベースのクラウドおよび HPC データセンタ用ハードウェアやソフトウェア ソリューション スタックを迅速に設計・開発することを可能にする、標準サーバーサイズの CRB プラットフォームを提供しています。 これらの CRB プラットフォームには取扱説明書、ハードウェア設計マニュアルなどの関連書類が付属しており、こちらから注文できます。 

製品概要