AI 時代の高速インフラ

AI 時代のデータインフラ

NVIDIA とマーベル: 高速コンピューティングの強化


高速コンピューティングは、膨大な帯域幅を必要とします。 NVIDIA はマーベルと協力してその帯域幅に対応しています。 マーベルのコネクティビティ事業部 SVP 兼 GM の Achyut Shah は、コラボレーションの経緯について次のように語ります。

 

AI 時代に向けたデータインフラ変革 


AI はビジネスと社会を大きく変えるでしょう。 また、AI がクラウドアプリケーション全体に浸透するにつれ、データインフラにも大きな影響を与えるはずです。 現在、クラウド事業者は AI のビジネスチャンスを生かすために、アーキテクチャのあらゆる面を見直しています。  

マーベルの Chris Koopmans COO と Futurum の Daniel Newman CEO が、カスタムシリコン、光接続、およびその関連技術が AI の課題に対応するためにどのように進化しているかをテーマに議論します。 

 

AI のトレーニングには光インターコネクトが必要


生成 AI の登場で、データセンターにおけるコンピューティング、ストレージ、ネットワークのバランスは崩れました。 マーベルでコーポレート CTO を務めるノアム・ミズラヒ氏に、AI がネットワークアーキテクチャをいかに再構築しつつあるかについて、洞察を語ってもらいます。

 

光革命

AI のトレーニングモデルが何千ものプロセッサに分散していること、そして推論タスクは地域のデータセンターに移行していることから、接続性は AI の要の 1 つとなっています。  

マーベルは、クラウドデータセンター間およびクラウドデータセンター内の速度と容量を向上させる技術を開発しています。 この中には、Orion™ DSP などの コヒーレント DSP(デジタル信号プロセッサ)や、最大 1,200km 離れたデータセンター間を接続する COLORZ® 光モジュールなどが含まれています。  

AI 時代に向けたクラウドインフラ変革


マーベルでグローバルマーケティング&ビジネスプランニング担当バイスプレジデントを務める Nigel Alvares が、クラウドの進化について語り、AI の継続的な拡張を支援する、ストレージとメモリ対応型クラウドに最適化されたシリコンアーキテクチャソリューションを紹介します。

 

高速光接続による AI インフラの拡張

詳細はこちら

AI インフラの課題に挑む

詳細はこちら

AI とデータインフラに訪れる地殻変動

詳細はこちら

お問い合わせ

当社は、より良いパートナーシップが、より良い技術の構築に役立つと信じています。 つながりを持ち、一緒に何が構築できるか見てみましょう!

ご関心をお寄せいただきありがとうございます

すぐにご連絡いたします!