ThunderX ARM プロセッサ

データ負荷の高いアプリケーションやクラウド インフラストラクチャなどの、高負荷なワークロードに最適化されたプロセッサ

ThunderX ARM プロセッサ

Marvell® ThunderX® 製品ファミリは、クラウドおよび HPC データセンタにおけるコンピューティング、ストレージ、ネットワークおよびセキュリティ ワークロードに最適化されたサーバーやアプライアンスを可能にする、クラス最高の 64 ビット Arm®v8 ベースのプロセッサで構成されています。 28nm プロセッサ技術で設計された効率の高く完全にカスタムなプロセッサ コアを搭載した ThunderX ファミリに、クラウドにおけるコンピューティング、ストレージ、ネットワークおよびセキュリティの各ワークロードに最適化されたモデルで構成されています。

主な機能と特長

  • 最大 48 個のコア、2.5Ghz のコア クロック周波数まで拡張できる Arm ベースの SoC
  • Cavium Coherent Processor Interconnect™(CCPI)によりデュアルソケットで完全にキャッシュコヒーレント
  • 総合 I/O 帯域幅が数百ギガビットにおよぶ大規模な I/O を内蔵
  • 4組の DDR3/4 72 ビットのメモリコントローラは 2400MHz のメモリに対応可能で、デュアルソケット構成時 1TB のメモリ容量をサポート
  • 56 レーンの PCIe Gen3 を持ち、x16, x8, x4, x2, および x1 モードで利用可能なコントローラを 14 個内蔵 
  • 標準的な低遅延イーサネット ファブリックを用い 2D および 3D 構成で数千個の ThunderX ノードを相互接続し、仮想化ネットワークにおけるファブリック監視や認識とポリシー エンフォースメント SLA を可能にする
  • virtSOC™ 技術による包括的仮想化 – 完全システムレベル、コアから I/O に至るまでの低遅延仮想化ソリューション
  • 対象用途においてクラス最高の消費電力あたりの性能、およびコスト/パフォーマンス

 
ThunderX_CP

プライベートおよびパブリッククラウド ウェブサーバーやコンテンツ デリバリ、ウェブ キャッシングとソーシャルメディア データ分析などのワークロードに最適化された ThunderX_CP ファミリは、高効率の CPU コア最大 48 個、内蔵型 vSoC、複数の 10/40 GbE を搭載し、高帯域のメモリを特徴とします。

詳細はこちら

ThunderX_ST

このファミリには、データ保護/品質/セキュリティ、ユーザ間の効率的なデータ移動 (RoCE) および圧縮ストレージ用のハードウェア アクセラレータが搭載されています。 Hadoop、ブロックおよびオブジェクト ストレージ、分散型ファイル ストレージならびにホット/ウォーム/コールド ストレージ系のワークロードにも最適化されています。

詳細はこちら
Thunder_SC

IPSec、SSL、を加速する第4世代の NITROX と、アンチウィルス、アンチマルウェア、ファイアウォールと DPI のアクセラレーション機能を搭載した ThunderX_SC ファミリは、セキュア ウェブ フロントエンド、セキュリティ アプライアンスおよび Cloud RAN などのワークロードに最適化されています。

詳細はこちら
Thunder_NT

メディアサーバ、スケールアウトが要求される組み込みアプリケーション、および NFV などのワークロードに最適化された ThunderX_NT ファミリのハードウェア アクセラレータは、パケット処理における高いスループット、ネットワーク仮想化やデータ監視に役立ちます。

詳細はこちら

使用例

分野 ThunderX ファミリ ワークロード例
コンピューティング ThunderX_CP プライベート/パブリッククラウド ウェブサーバやコンテンツ デリバリ、ウェブ キャッシング、ソーシャルメディア データ分析
ストレージ ThunderX_ST Hadoop、ブロックおよびオブジェクトストレージ、分散型ファイル ストレージならびにホット/ワーム/コールド ストレージ アプライアンス
ネットワーキング ThunderX_NT メディアサーバー、スケールアウト組み込みアプリケーション、NFV アプライアンス
セキュリティ ThunderX_SC セキュア ウェブフロントエンド、セキュリティ アプライアンス、C-RAN