Avastar 88W8897A

802.11ac および Bluetooth 4.0 サポート

ビームフォーミング技術

TV やゲーム機からタブレットやプリンタに至るまで、現代のコネクテッドホームには、家屋に設置された WLAN に 10 台以上のデバイスが接続されており、その中には強い電波を受信できない位置にあるものもあります。 例えば、大抵の家庭において、アクセスポイントや、TV を置ける場所が制限されています。 この課題は、ビームフォーミングと呼ばれる技術で解決できます。

ビームフォーミングは Wi-Fi アクセスポイントで使用する特別な無線通信方式であり、クライアント側の信号受信能力を高めることで、Wi-Fi 信号のカバレージを 2 倍~4 倍に拡大することができます。

マーベルは、この技術を Avastar™ 802.11n ソリューションと組み合わせてクライアントのリンク能力を劇的に強化することで、この技術を一歩先へと進めています。 マーベルのビームフォーミング技術では、特別なアンテナが必要になったり、ワイヤレス・サブシステムに何らかのコストが追加で発生したりすることはありません。 結果として、環境にもよりますが、既存の技術を使いながらスループットのパフォーマンスを最大で 20 倍向上させることができます。 また、マーベルのビームフォーミングの拡張範囲は、他のデジタル信号処理技術の 6 倍以上優れています。

主な機能と特長

  • 特別なアンテナは不要、ワイヤレス・サブシステムに追加コストがない
  • 既存のデバイスがビームフォーミング未実装の場合でも、そのパフォーマンスを向上できる、インプリシット・ビームフォーミングをサポート
  • 家庭および企業の環境で無線試験を行った結果、受信可能なゲインが10dB を超過
  • 拡張範囲は LDPC などの他のデジタル信号処理技術の 6 倍以上のパフォーマンス