倫理

誰かに見られている時だけでなく、常に正しい行動を行わなければなりません

倫理

ビジネス行動倫理規範

マーベルには、適用法および各種規制の要件に則った倫理的な行動を促すための規則があります。 マーベルはすべての部署およびあらゆる社員に責任感のある業務活動を促し、バリューチェーン全体を構成する関係者に対し、マーベルが定める倫理的な行動や規則を遵守するよう求めています。

マーベルの ビジネス行動倫理規範 は従業員を力付け、透明な企業文化を育み、誠実さをけん引し、包括的で安全な職場にすることを目指しています。 マーベルのビジネス行動倫理規範はガバナンス、倫理および企業の社会的責任に関連する原則を網羅し、誠実さと透明性において妥協せずに事業を行うというマーベルのコミットメントを支えています。 従業員に対してだけではなく、マーベルの顧客、株主、サプライチェーン・パートナー、およびその他全ての第三者に対しても誠実に事業を行うと記載されています。 マーベルの価値、さらにマーベルが企業として禁止していることを定めています。さらに、従業員がこれらの期待に応えるために役立つプログラムやリソースを特に明らかにしています。

マーベルおよびその経営陣は、透明性と一体感を持ち、誠実な企業文化を育むことに努めるとともに、世界中の関係者に対して、このような文化を築き、維持することを積極的にサポートするよう求めます。 誰かに見られている時だけでなく、常に正しい行動を行わなければなりません。

倫理規定の主な内容:

  • 社員の責任
  • マーベルの責任
  • 主要なリソースの概要
  • 利益相反
  • 顧客およびベンダーに対する責任
  • 法の遵守
  • 社内記録および財務報告
  • コンプライアンスおよび報告

倫理に関する監視および報告

独立した企業が管理するマーベルの機密性および匿名性を保ったConcern Line は、社員、ビジネスパートナー、その他の関係者に対し、倫理的な問題や、法的あるいは倫理的な違反が疑われる行為を報告する機会を提供するものです。Concern Line は独立したサービスプロバイダーが提供し、世界中で年中無休かつ無料で利用できます。