環境

マーベルコミュニティは積極的にサステナビリティを推進し、イノベーティブな低消費電力技術開発に取り組んでいます。

環境

誰もが、地球温暖化が重大な問題であることを理解しています。 責任意識が強い国々は、エネルギー消費量と二酸化炭素排出量を減らす取り組みを行っています。 マーベルが環境に優しい技術の開発に積極的に取り組んでいるのはそのためです。 また、マーベルはそれを理由に、ニューズウィーク誌の「米国において最も環境に優しい 500 社」に選出されています。

サステナビリティに関するマーベルの代表的な取り組みの一つは、世界レベルで家電製品に力率補正 (PFC) を導入したことです。 PFC は電子機器がより効率良く電流を利用できるようにする技術ですが、正当な評価を得られていません。 以前は高価な技術であったため、電子機器業界が真剣に扱うことはありませんでしたが、今や実装コストはわずか数セントまで下がっており、この技術でデバイスの消費電力を最大で 50% も削減することができます。 市場には数十億台の消費者向けデバイスが存在しているため、世界全体で年間 2,400 万トンの二酸化炭素を削減できる可能性があります。

マーベルは効率を高め、温室効果ガスを減らし、この地球を守るために、PFC のようなイノベーティブで環境に優しいソリューションを模索し続けることが最重要だと考えています。

省エネに関する取り組み

環境に対するマーベルの取り組みのもう一つの目標は、半導体全体の消費電力を年間 15% 削減することです。 2020 年までに業界全体でその目標を達成できた場合、平均的な機器電力消費量は劇的に低下します。 例えば、パソコンが消費する電力はわずか 20 ワット時になり、現在の平均的な PC が 200 ワットを消費するのに比べれば、随分と少ない電力消費になります。

マーベルは他社の模範になることを目指し、カリフォルニア州サンタクララにある本社でエネルギー節約プログラムを実施して、エネルギー消費量を大幅に削減することに成功しました。 節電方法の一部としては、 従来型の照明よりも 60% 少ない電力で動く、コンピューター制御の照明システム。30% 少ない電力で 40% 明るい光を発する蛍光灯技術。標準的なバラストよりも 50% 多くエネルギーを節約できる、高度な電子照明バラスト。エネルギーの節約量を最大化する、ネットワークに接続された HVAC システムなどを挙げることができます。

率先して未来を切り開きたい

マーベルは、影響力の大きな環境に優しい技術に関する、米国と中国共同の取り組みを支援する団体「U.S.-China Green Energy Council」のメンバーとして、積極的に活動を行っています。 このパートナーシップにより、マーベルはよりサステナブルな未来に向けて、業界をリードする役割を担っています。

日々の事業活動において、マーベルは組織を構成する社員全員に対して環境に対する配慮を促しつつ、環境汚染を防止したり、環境に優しい資源を使って製品やサービスを提供したり、各種の活動を行ったりすることに努めています。