ThunderX CRB プラットフォーム

実際のサーバー同様の CRB を、クラウドやデータセンター インフラでテストし製品をリリースすることで開発サイクルを加速させます。

ThunderX CRB プラットフォーム

マーベルはエコシステム パートナーが実際のハードウェアをテストし製品をリリースできるように、ThunderX® ファミリを用いた2種類の CRB プラットフォームを提供します。 これにより、顧客はそれぞれの用途に応じて、容易に ThunderX のパフォーマンスや機能を評価でき、独自のプラットフォームを構築したり、ソフトウェア スタックを開発することができます。 

CRB プラットフォームは以下の2種類です:

  • ThunderX 1K CRB は 1U シャーシに入った ATX サイズのシングル ソケット マザーボードです。
  • ThunderX 2K CRB は 2U シャーシに入った ½ SSI サイズのスレッドです。 2U シャーシは4つのスレッドを収容でき、それぞれのスレッドがデュアル ソケット仕様です。

ThunderX CN8XXX ファミリ

CN88xx と CN87xx は ThunderX ファミリの基礎となります。 CN87XX はシングルソケット構成のコア 8~16 個、DDR3/4 コントローラ2組、ならびに複数の 10GbE、SATAv3 および PCIe Gen3 インターフェースで構成されています。 このファミリはコールド ストレージ、分散型コンテンツ デリバリ、専用ホスティング、分散型メモリ キャッシング、組み込み、およびコントロール プレーンなど、エントリ レベルの用途にコストと消費電力の面で最適化されています。

主な機能と特長

機能と特長 CN88XX_X(サーバー) CN87XX_X(ローエンドサーバー)
コア 24-48 8-16
コアのクロック周波数 ~2.5Ghz ~2.5GHz
デュアル ソケット構成  
完全仮想化(virtSoC™)  
複数の PCIe Gen3
複数の SATA 3
複数の 10G/40GE
100G 接続性  
複数の DDR3/4
ハードウェア アクセラレータ
イーサネット ファブリック