Marvell QLogic 2700 シリーズの Fibre Channel コントローラー

フルハードウェア オフロードを使用して極めて少ない CPU 消費量で業界をリードする FC パフォーマンスを実現する Gen 6 (32Gb) Fibre Channel コントローラー

2700 FC コントローラー

Marvell™ QLogic® 2700 シリーズ コントローラーは、第 6 世代 (32Gb) の 2 ポートおよび 4 ポート Fibre Channel コントローラーです。 イニシエータモードとターゲットモードをサポートできるこのコントローラーによって Fibre Channel のパフォーマンス、電力消費効率、安定性、投資保護が真価を発揮します。 双方向スループットが最大 256 Gbps である QLogic 2700 シリーズは、要件が極めて厳しいフラッシュベースのストレージ ソリューションに最適です。業界をリードするポートあたり最大 650K IOPS の性能で、ハイパースケールの仮想化向けに最適なストレージ アクセスを提供し、ソリッドステート ストレージ技術、新しいデータセンター アーキテクチャーにも対応可能です。Marvell のポート分離アーキテクチャーにより、各ポートのデータパスは分離されているため、ポート間でパフォーマンスが一貫しており、各ポートで期待通りの性能が得られます。優れた運用効率を誇る 2700 シリーズ コントローラーは、動的かつアダプティブに消費電力の管理を可能にする QLogic StarPower™ テクノロジーによりデータセンターの電力消費およびサーマル フットプリントを最適化します。

概要

Marvell QLogic® 2700 シリーズ コントローラーは、第 6 世代 (32Gb) の 2 ポートおよび 4 ポート Fibre Channel コントローラーです。 ホストモードおよびターゲットモードの両方をサポートするこれらのコントローラによって Fibre Channel が真価を発揮し、フラッシュや SSD ソリューション、ハイパースケールの仮想化、新しいデータセンター アーキテクチャを実現できます。

  • オールフラッシュアレイ (AFA) および高密度な仮想環境で最大 260 万 IOPS という高パフォーマンスを実現
  • 最大で合計 256Gbps の双方向スループットを達成する、最大 4 ポートの 32Gbps Fibre Channel
  • 以前の第 5 世代のソリューションと比べて、ワットあたりのパフォーマンスが大幅に向上
  • 既存の 16/8Gbps Fibre Channel インフラストラクチャーに対する投資保護も可能な業界初の第 6 世代 Fibre Channel ソリューション
  • ポート毎にトラフィックを完全に分離して安定性およびセキュリティを向上
製品コード 内容 製品資料
EP2714 4 ポートの組み込み用途向けコントローラー。 最小注文数 192 デバイスで出荷可能 (トレイあたり 24 デバイス x 8 トレイ)。 データシート
EP2722 2 ポートの組み込み用途向けコントローラー。 最小注文数 210 デバイスで出荷可能 (トレイあたり 70 デバイス x 3 トレイ)。 データシート