FastLinQ 8300 シリーズ イーサネット コントローラー

デュアル パーソナリティ 16Gb ファイバー チャネル / 10GbE to PCIe コンバージド ネットワーク コントローラー

イーサネット コントローラー 8300 シリーズ

converged network controllers

Marvell® 8300 シリーズ コントローラーは、第 4 世代のコンバージド ネットワーク コントローラーです。 フル ハードウェア オフロードを使用して極めて小さい CPU 消費量で業界の先を行くネイティブ ファイバー チャネル性能 (2 ポート、ライン レート、16Gbps ファイバー チャネル性能を達成) を実現できるのがこれらの特徴です。 さらに、このコントローラーは 10Gbps イーサネット (GbE) のライン レートで同時 LAN (TCP/IP) および SAN (Fibre Channel over Ethernet (FCoE) および iSCSI) トラフィックをサポートしています。 この極めて優れたパフォーマンスにより、今日の強力なマルチプロセッサ、マルチコア サーバーで生じるおそれのある I/O のボトルネックが解消されます。

 

主な機能と特長

  • 両方のポートで、高帯域幅のコンバージド ストレージ (SAN) およびネットワーキング トラフィックのポートあたりの最大スループット 10GbE、およびラインレートのネイティブ 16Gb ファイバー チャネル トラフィックをサポート
  • ポートあたり最大 500,000 のファイバー チャネル / FCoE IOPS により、トランザクションの多いアプリケーションや仮想環境で遅延が減少
  • 同じコントローラー上で TCP/IP、FCoE、iSCSI を同時に実現することで、ハードウェア、配線、管理にかかるコストを削減。そして同じコントローラーが完全な下位互換性を持つネイティブ 16Gb ファイバーチャネルとして動作することも可能。
  • PCIe® Gen3 環境で PCI Express® レーン数を最小限にすることで、電力消費および冷却コストを削減
  • OPD により、PCI バスを行き来するデータの完全性を確保
  • 従来の 8Gb および 4Gb ファイバー チャネル インフラストラクチャへの投資を無駄にしません
  • 16Gbps ファイバー チャネルおよび 10GbE のオプションを多彩に組み合わせることで、ネットワークの柔軟なポート構成を実現可能

用 途

オーバーラッピング プロテクション ドメイン (OPD) および T10 DIF のサポートによってエンドツーエンドの整合性を実現できるため、8300 シリーズ コントローラーはファイルやブロック ベースのストレージ コントローラー アプリケーションに最適です。 同じハードウェア上で 16Gb ファイバー チャネルあるいは 10GbE および複数のプロトコルを同時にサポートできるため、プライベート クラウドおよびパブリック クラウド環境に最適なマルチテナントの柔軟性が得られます。