エンタープライズクラスのクラウドコンピューティング

極めて高性能なマルチコア・プロセッサー

ARMADA XP

マルチコア・プロセッサを搭載した ARMADA® XP (Extreme Performance) シリーズは、エンタープライズクラスのクラウドコンピューティング・アプリケーションを目標に設計された、業界初のクアッドコア ARM プロセッサーです。 ARMADA XP シリーズは、マーベルが設計した ARM 準拠 1.6GHz CPU コア 4 本を周辺機器用 I / O ホストともに集積統合し、極めて高い統合性を実現します。 高度な設計方法とプロセス技術を採用することで、 ARMADA XP は、高い性能 / 消費電力を発揮し、高性能ネットワーキングやウェブサーバーから NAS (ネットワークアタッチトストレージ) やメディアサーバーのようなハイ・ボリュームのホームサーバー製品に至るまで、人気が高まりつつある幅広いクラウドコンピューティングの用途をサポートします。

仕様

  MV78230 MV78260 MV78460
SW 共通 SDK 共通 SDK 共通 SDK
CPU 2 コア 2 コア 4 コア
L2 キャッシュ 1MB 1MB 2MB
DRAM 32 ビット +ECC 64 / 32 ビット +ECC 64 / 32 ビット +ECC
PCI-e 2.0 1 ユニット
x4 / クアッド x1
1 ユニット x1
2 ユニット
x4 / クアッド x1
1 ユニット x4
2 ユニット
x4 / クアッド x1
2 ユニット x4
ギガビットポート 3 ポート 4 ポート 4 ポート
SERDES レーン数 7 レーン
PCIe / SGMII /
SATA/QSGMII /
ETM
12 レーン
PCIe / SGMII /
SATA / QSGMII /
ETM
16 レーン
PCIe / SGMII /
SATA / QSGMII /
ETM
ローカルバス 16 ビット 32 ビット 32 ビット

ブロック図

Armada XP ダイアグラム図 1: ARMADA XP - ネットワーク用途におけるシステム実装

統合開発ツール

  ARMADA XP シリーズの SoC 用統合開発プラットフォームが用意されていますので、開発中のハードウェアを待たずにシステム開発を始めることができます。 リファレンス設計プラットフォームには、応用製品開発期間の短縮を補助できるように、Linux、VxWorks、および BSD 用のソフトウェアドライバやボード・サポート・パッケージが含まれています。