ニュースルーム

マーベルの車載ギガビット・イーサネット技術が、日本の自動車業界団体から準拠認定を取得

マーベルの車載ギガビット・イーサネット技術が、日本の自動車業界団体から準拠認定を取得

Santa Clara, California (July 24, 2018) – Marvell Semiconductor, Inc. (NASDAQ: MRVL) は本日、1ギガビット/秒の転送速度を実現する初のIEEE®802.3bp 1000BASE-T1準拠車載PHYである「88Q2112」ソリューションが、一般社団法人JASPAR (Japan Automotive Software Platform and Architecture) の適合性試験を完了し、100%の合格を果たしたことを発表しました。

JASPARは、日本で新たな自動車関連技術の導入を促進するために2004年に設立されました。 高度な自動車向け電子制御ソフトウェアやネットワークの標準化と共用を通じて、開発効率の向上と信頼性の確保を支援しています。 このために、国内の自動車関連OEM企業や一次パートナー企業向けの共通の仕様ガイドラインを提供しています。 会員には、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スズキ、デンソー、Boschなどの世界的な自動車関連メーカーが含まれています。

JASPARの次世代高速ネットワーキング・グループは、これまでにMarvellが提供するIEEE 802.3ベースの100BASE-T1と100BASE-TX接続ソリューションの両方を評価しており、今回は同グループによる評価の対象がMarvellの最新1000BASE-T1自動車向け技術まで拡張されました。 評価に利用された88Q2112ベースの開発基板は、デンソーのエンジニアによって設計と組み立てが行われ、JASPAR会員で協力関係にある複数の一次および二次自動車サプライヤーによって試験が実施されました。

電磁両立性 (EMC) エミッションやイミュニティの試験、RFイミュニティに対する束線電流注入(BCI) 試験、ギガビット互換ハーネスを利用した極温試験など、包括的な試験が実施されました。 また、静電気放電 (ESD)、対誘導ノイズ、最小絶縁抵抗試験、クロック・スキュー、信号線の電源ショートおよびグラウンド・ショートの試験も実施されました。 Marvell 88Q2112ソリューションは、余裕をもってすべての試験に合格しました。

「88Q2112は市場に初めて投入される自動車向けギガビット・イーサネット・ソリューションです。JASPARの適合性試験の基準を無事上回ることができ非常に満足しています。 この結果は、当社の自動車向け接続性技術にとってたいへん画期的なことです」と、マーベル社の自動車製品マーケティング担当シニア・ディレクターであるTim Lauは述べています。 マーベル社の市場を変革するソリューションの試験においてより緊密なコラボレーションを今後実現するため、JASPARとの継続的なパートナーシップに期待しています。」

JASPARの次世代高速LANワーキング・グループ主査およびトヨタ自動車のグループ・マネージャーである後藤英樹氏は、次のように述べています。「自動車メーカーは、より優れた機能性と高度な安全性重視の機能の搭載を望んでいるため、未来の車載ネットワーク・インフラストラクチャは高速イーサネット技術に依存する必要があることは明らかです。 マーベル社はこのような継続的な進歩に大きく貢献し、旧来の低速なネットワーキング・プロトコルからの移行の加速を支えています。」

次世代高速LANワーキング・グループ・メンバーである日産自動車の松本孝氏は、次のように述べています。「JASPARの主要な目的は、日本の自動車関連部門に従事する人々が協力して自動車業界のイノベーションをさらに推進できる環境を作り出すことです。 多数のJASPAR会員がこの試験プロジェクトに参画しており、達成した結果に非常に満足しています。 試験が完了したことによって、JASPARは、信号線のインピーダンス、ACカプリングと終端抵抗、CMC、ESD、水晶振動子について回路の構成や情報を規定する新しい規格を年内に発行することを計画しています。 この規格が、1000BASE-T1技術を日本のOEM企業や一次サプライヤーに導入するためのリファレンスとして用いられることになるでしょう。」

Marvell 88Q2112 PHYの詳細については、次のウェブページをご覧ください。 jp.marvell.com/automotive/ethernet/88q2112/

マーベルについて

マーベルは当初、かつて不可能と思われた高速データ転送速度を可能にしてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、 www.marvell.co.jp (日本語) または www.marvell.com (英語) でご覧いただくことができます。 jp.marvell.com

JASPAR について

JASPARは、日本の自動車市場において、高度化・複雑化する電子制御システム・ソフトウェアや車載ネットワークの標準化および共通利用による、開発の効率化と信頼性の確保を目指し設立されました。 さまざまな自動車メーカー、研究機関、学会、ソフトウェア開発者、電気機器サプライヤー、半導体メーカーから技術者がこの活動に参加しています。 詳細については、こちらでご覧いただくことができます。 www.jaspar.jp/en/about_us

###

Marvell およびMロゴとAlaskaは、Marvellの商標および / またはその関連会社の登録商標です。