Newsroom

マーベル、多ポートマルチギガビット車載イーサネットスイッチを発売

高帯域の車載ソリューションによる高度なルーティングと優れたセキュリティ機能により、より優れたデータ・アグリゲーションをサポートします

Santa Clara, California (September 24, 2019) – マーベル (NASDAQ: MRVL) は、本日、マルチギガビットルーティングスループット機能搭載の多ポート、超低遅延の車載スイッチファミリを発表しました。  この革新的な製品ファミリーには業界初の多ポートアグリゲーション・スイッチが含まれており、すべてのポートに対して、先進運転支援システム (ADAS) 上の安全性に関わる重要なセンサーデータのクラスタリング、また高速 PCIe ホスト・アップリンクによるデータ転送を可能とするギガビット容量で提供されます。  また、マーベルの最新の車載製品には、統合された 100BASE-T1 PHY および最先端のルーティングおよびセキュリティ機能を備えた別のスイッチが用意されています。これにより、複数のドメインコントローラーに接続する大規模なゲートウェイアプリケーションを利用できます。

自動運転車における高い安全性や、コネクテッドカーにおける膨大なデータ帯域幅に対する需要の高まりに伴い、以前は低速のレガシー接続の独断場だった車載ネットワーク内でイーサネットの利用が可能となり、急速に普及しています。  単一チップでモノリシック・ダイ・ソリューションを備えたマーベルの 88Q5072 および 88Q6113 スイッチは、市場でこのような需要の増大に対応し、BOM コストの削減と取付面積の縮小化を実現します。

これらマーベルの車載スイッチは Arm®Cortex-M7 アーキテクチャをもとに構成されており、高度なプロトコルおよびセキュリティソフトウェアをスイッチに実装することで、外部ホストプロセッサの負荷を軽減することができます。 

またこれらのデバイスは、車両のタイムセンシティブネットワークに、低ポリシングとフィルタリング (IEEE 802.1Qci) 、フレーム推定 (IEEE 802.1Qbu) が可能となる追加のTSN機能を装備しています。  統合された L3 ハードウェアアクセラレータにより、内部プロセッサが介入することなく最大 10Gbps のマルチギガビットルーティングスループットが可能になります。  車両ネットワークにおける大容量のデータを容易に転送できるようにする一方で、これらのデバイスは TC10 標準 (OPEN アライアンス ) をサポートする効率的なスリープ / 復帰機能を搭載し、全体の消費電力を削減します。  これらの非常に安全なマルチギガイーサネットスイッチは、増大するサイバー犯罪が自動車業界にもたらすリスクに対応できるよう、専用に設計されています。  新しいソリューションは、強化された DPI(Deep Packet Inspection) エンジンおよび基盤となるハードウェア層の信頼できるブート機能など、堅牢なレベルのセキュリティ機能に配慮して設計されています。

マーベルの副社長兼オートモーティブ・ビジネスユニット担当ゼネラルマネージャーである Will Chu 氏は、「最新の車両がますますデータセンター化しつつあるなかで、マーベルは接続性、コンピューティング、ストレージにおける高度なソリューションにより、車載ネットワーク革新を推進しています。 具体的に言うと、画期的なスイッチ製品ファミリーの導入により、新世代のカーゾーン・アーキテクチャと大規模なバックボーンゲートウェイが、複数のソースからの膨大な量のリアルタイムデータを接続してキャプチャできるようになりました。」と述べています。

「自動車はすべての世代でより複雑になりつつあります。  そして自動車はさらに膨大な量のデータを作り出すことで高帯域幅のイーサネットを必要とし、現状の車載スイッチが抱えるデータ量の上限を押し上げることを求めているのです。」と、エレクトロビット社のビジネスマネージメント担当執行副社長である Martin Schleicher 氏は述べています。   「マーベル社と提携することにより、従来のスイッチファームウェアの境界を広げ、自動車市場の変革を推進することができます。」

また、グローバル・オートモーティブ・プラクティス・戦略分析担当副社長の Ian Riches 氏は、次のように述べています。「自動運転がビジョンから現実のものに移行するには、実現のために安全性に関わる重要な情報を高速でネットワーク全体に転送して処理させることが不可欠です」 。  「現在のシステムは、業界のニーズを満たしてはいません。  しかし、マーベル社の新しい多ポートマルチギガビットスイッチは、満足できる自動運転機能を実現するために必要な帯域幅および堅牢性の提供に向けた重要なステップとなるでしょう。」

Marvell 88Q6113 および 88Q5072 は現在サンプリング中です。  詳細については、以下にアクセスしてください。(英語サイト)

https://www.marvell.com/automotive/ethernet/88q5072/

https://www.marvell.com/automotive/ethernet/88q6113/

 

マーベルについて

マーベルは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能としてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 詳しくは、以下をご覧ください: https://www.marvell.co.jp/

 

###

Marvell および M のロゴは、 Marvell およびアメリカ国内外の関連会社、あるいはいずれかの登録商標です。   他の名称およびブランドは、他者の財産として主張される場合があります。

 

マーベルのメディア広報窓口

Hanna Kang
シニアマネージャー、広報担当
408-222-3780
hhkang@marvell.com

 

Kristin Hehir
シニアマネージャー、広報担当
408-222-8744
kristinh@marvell.com