Newsroom

マーベルがデータセンター向けスイッチングに革命を起こす

プレステラ (Prestera) CX 8500ファミリーは、コネクテッドインテリジェンス、エッジコンピューティング、および5Gアプリケーションの新時代を迎え、最先端の400 Gbpsネットワークインターフェースを活用したコンポーザブル・インフラストラクチャを実現

Santa Clara, California (March 12, 2019) – Marvell (NASDAQ: MRVL)は本日、 コンポーザブル・インフラストラクチャを利用したエッジおよびプライベートデータセンター向けに設計された、2~12.8テラビット/秒(Tbps)の範囲の画期的なイーサネットスイッチ・ソリューションポートフォリオを発表しました。  Marvell ® Prestera ®  CX 8500ファミリーは、コネクテッドインテリジェンスやエッジコンピューティング、そして5Gアプリケーションなどから押し寄せる「津波」への対応をサポートするために必要な、独特のデータセンター要件を満たす堅牢な機能セットで設計されています。  

 

事実コネクテッドインテリジェンスは勢いを増しており、驚くべき速度で進化しています。  コネクテッドカー、5G無線基地局、スマートシティ、ロボット工場、そして数百億ものIoTデバイスのネットワークが拡大し続けると、それに応じて膨大な量のデータが生み出されます。  そんな中で、人工知能と機械学習は、メガスケールのクラウドデータセンターではなく、ネットワークの端に近いところでデータとサービスを処理し、保存する必要性が増え続けています。  コンポーザブル・インフラストラクチャやソフトウェアによって管理される計算、ストレージ、およびネットワークリソースの柔軟性を提供するフレームワークを利用することで、ハードウェアを物理的に組み立てるという従来の必要性から開放されます。  データセンターには、消費電力の削減、応答遅延時間の短縮、設置面積の縮小を可能にするだけでなく、コンポーザブル・インフラストラクチャをサポートするための新しいテクノロジが必要です。

 

マーベル・プレステラ CX 8500ポートフォリオは、データセンターアーキテクチャへの革新的なアプローチとなります。このアプローチは、QoS、トラフィック管理、およびスケーラビリティをサポートするための、これまでにないワークフローの可視性、分析、およびネットワークの簡素化をもたらすことのできる機能を備えています。  コンポーザブル・インフラストラクチャのネットワークにおける複雑さを管理するために、マーベルの新しいスイッチ・ソリューションは画期的なSAFE(Storage Aware Flow Engine)テクノロジを利用しています。  SAFEは、フローごとの可視性、高度なテレメトリ、およびネットワークの輻輳 (ふくそう) を識別して解決する包括的な診断を使用して、ネットワークフローに対するより深い洞察を提供することで、仮想ストレージのオーケストレーションを容易にします。 

 

同時に、FASTERテクノロジ (テラビット・イーサネットルータのスライスを使用した転送アーキテクチャ ) を統合したマーベルのプレステラ CX 8500ファミリーは、高い基数のコアと輻そうを意識した負荷分散を実現します。  スケーラビリティのための仮想化を可能にすることによって、FASTERはネットワーク層の削減と複雑さの単純化をもたらし、エッジデータセンターネットワークを単一層に折りたたむことを可能にし、最終的に電力、スペース、応答時間を削減します。  最も重要なことは、FASTERはネットワーク全体のコストを50%以上削減できるということです。 

 

マーベル・セミコンダクターのシニアVP、ネットワークビジネスユニットの事業本部長であるEric Hayes氏は、次のように述べています。 「20年間に渡って実証されたプレステラ・テクノロジーの普及とともに、30億個以上のイーサネット・スイッチポートが出荷されてきたことで、当社のイーサネットワーキングおよびストレージデバイスでのリーダーシップが実証されています。マーベルはデータセンターの世代交代に革命を起こしているのです。」 さらに「具体的には、当社の最新のプレステラ CXソリューションは、最速 12.8 Tbpsの帯域幅で最先端のSAFEおよびFASTER技術を取り入れ、32ポートの400 Gbpsまたは256ポートの50 Gbpsネットワークスループットを最大限に引き出すことができます。」  「マーベルの技術革新により、エッジデータセンターは、従来に比べ大幅に低い電力とコストで、より小さな設置面積でありながら、より高性能なネットワークを実装することが可能になりました。」とも語りました。

 

 The Linley Groupのネットワーキング担当副社長兼プリンシパルアナリストであるBob Wheeler氏は、次のように述べています。「マーベルの新しいスイッチを導入することで、マーベルの優れたインフラストラクチャ半導体ソリューションが強化され、最適化された最新のデータセンターのビジョンを実現することになるでしょう。」  「マーベルによるこの新しいソリューションには、エッジデータセンターにおけるストレージ機能とコンピューティング機能の構成可能性に対する需要に対処する、業界初の意義のあるものが含まれています。」

 

25 Gbpsおよび50 GbpsのI / Oオプションを備えたマーベル プレステラ CX 8500ソリューションは、従来のスイッチングICと比較して、35%以上の低消費電力と25%以上の総バッファメモリをシステムレベルで提供します。  

 

主な機能

 

  • パケットプロセッサー
    • エンタープライズ、サービスプロバイダ、およびデータセンターネットワークに導入された第 9 世代イーサネット・スイッチパイプライン
    • 安定した 16nm の量産プロセスを活用して、製品化までの時間を短縮
  • ストレージ対応フローエンジン (SAFE)
    • イベントが発生する前に輻そうを予測できる高度な予防的ハードウェアプローブを使用した、エレファントフロー検出とパケットの優先順位付けのサポート
    • 500K を超えるフローのルックアップに TCAM と SRAM の両方を使用できるマルチルックアップフローエンジン
    • RoCEv2 の認識機能により、フローレベルの診断機能を提供し、ネットワークの輻そうを特定して解決
  • テラビットイーサネットルータのスライスを使用した転送アーキテクチャ (FASTER)
    • 最大 1K ポートを 3 レベル H-QoS および VoQ でサポートする最大 8K キュー
    • 輻そう対応ロードバランシング / ダイナミックロードバランシング
    • 1 Gbps から 400 Gbps までのポートのスケーリングをサポート
  • テレメトリー
    • 最新のテレメトリパケットフォーマットとモニタリングデータのエクスポート方法 (INT、iOAM、TAM など) に対応するプログラマビリティを備えた専用のフローベースハードウェアエンジン

 

マーベル プレステラ CX ファミリーは CPSS(Core Prestera Software Suite) によってサポートされており、マーベル プレステラ DX および EX ファミリーとの API 互換性を維持しています。 さらに、マーベル プレステラ CX のリファレンスデザインとホワイトボックスシステムは、Open Compute Project のオープンネットワークオペレーティングシステム SONiC の製品認定バージョンでサポートされています。  SONiC は、インテリジェントなデータストレージと機械学習のために複雑な環境に展開される高度なデータセンター機能を可能にします。  マーベルは、Aricent  ® などのサードパーティの NOS サプライヤとも提携し、顧客が販売までの時間を短縮できるようにしています。

 

マーベル プレステラ CX 8500 ポートフォリオは現在サンプル出荷中です。  

 

マーベルは、カリフォルニア州サンノゼで開催された OCP US Summit 2019 で、最新のデータセンター向けに最適化されたエンドツーエンドのコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューションとともに、新しいイーサネットスイッチングソリューションを紹介します。 (ブースA5)2019年3月14日〜15日。

 

マーベル プレステラ CX 8500 スイートの詳細については、次の Web サイトをご覧ください。

https://www.marvell.com/switching/prestera-cx/98cx8500/.

 

マーベルについて

マーベルは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能としてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 マーベルの詳細については、 https://www.marvell.com/

 

###

Marvell、Mのロゴ、および Prestera は、マーベルおよび/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。  Aricent  は Aricent の登録商標です。その他の名称およびブランドは、他社の所有物である場合があります。

 

 

 

マーベルメディア広報窓口

 

Kristin Hehir

シニアマネージャー、広報担当

408-222-8744

kristinh@marvell.com

 

Hanna Kang

シニアマネージャー、広報担当

408-222-3780

hhkang@marvell.com