Newsroom

マーベル、業界をリードするネットワークソリューションの数々を展示 モバイルワールドコングレス (MWC) でのインフラストラクチャソリューション

Barcelona and Santa Clara, California (February 25, 2019) – Marvell ®(NASDAQ: MRVL)は、モバイルワールドコングレスで、最適化された数々のネットワーキングエンジンを実演しています。

コネクテッド端末の増加、そして音声・データの生成も増え、さらにマシン間トラフィックが大幅に増加したことによって、既存のネットワーク帯域幅には大きなストレスがかかっています。  Wi-Fi 6、LTE-A、5GNR の進化、有線ネットワークのトポロジー変更などにより、スマートシティから自動化された工場、バーチャルリアリティ、オンデマンドのデータインフラストラクチャまで、劇的に新しいアプリケーションを可能にします。

「マーベルのエンドツーエンド・ネットワークプラットフォームは、3G と 4G の 10 年にわたるイノベーションの上に成り立っており、その結果マーベルは 5G の時代に資本投入する十分な立場にあります。」と、マーベルセミコンダクタのインフラストラクチャプロセッサグループ担当 VP 兼ジェネラルマネージャのラジ・シン氏は述べています。「モバイルワールドコングレス (MWC) ではマーベルの技術力を実際にご覧いただく予定で、それらはキャリアパートナーに対して厳しさが増している技術要求に十分に対応ができることをご覧いただきたいと思っています。」

マーベルは、次世代ネットワークの構築と開発に対して理想的な選択肢となっています。  詳しくは、モバイルワールドコングレスでのホール 2、ブース 2M61 にご来訪ください。  具体的なデモンストレーションは次のとおりです:  

 

モバイルの展開における革新

MEC への Wi-Fi 6 バックホールを備えた Facebook/TIP オープンセルラー基地局: マーベル LTE ベースバンドプロセッサ、Wi-Fi 6 バックホールエンジン、プロトコルスタックソフトウェア、エッジコンピューティングプロセッサなどを搭載したオープンセルラー eNodeB の最新版。

 

スマートホーム、スマートファクトリー、スマートシティの実現

狭帯域 IoT 基地局: NB-IoT 垂直型ユースケースに焦点を絞った OEM 設計のプラットフォーム。

 

コードを切断する - 固定ワイヤレスアクセス

マルチキャリア マイクロセル: より高い帯域幅のために集約され、CBRS を含む無認可や簡易許可の帯域で動作できる、最大 3 つの独立したキャリアをサポートする基地局。

 

5G 対応非集約型および仮想化回線アクセスネットワーク

3GPP 分割スタック実装クラウド RAN ネットワークトポロジー: マーベル・ベースバンド、スイッチ、サーバープロセッサなどを搭載した、完全に分離した回線アクセスネットワーク・インフラストラクチャ。

 

マーベルのネットワークインフラストラクチャ・ソリューションの詳細については、www.marvell.co.jp/solutions/carrier/をご覧ください。

 

マーベルについて

マーベルは当初、かつて不可能と思われたデータの転送速度を可能としてデジタルストレージの世界を大きく変えました。 マーベルのストレージ、プロセシング、ネットワーキング、セキュリティ、コネクティビティソリューションの中核には、そのような革新性が今日でも息づいています。 先進的な知的財産と詳細なシステムレベルでの知識をもとに、マーベルの半導体ソリューションはエンタープライズ、クラウド、自動車、産業機器、そして民生機器の市場を変革し続けています。 詳しくは、以下をご覧ください: https://www.marvell.co.jp/

 

###

マーベルおよび M のロゴは、マーベルおよび/またはその関連会社の登録商標です。

 

マーベルのメディア広報窓口

Hanna Kang
シニアマネージャー、広報担当
408-222-3780
hhkang@marvell.com

 

Kristin Hehir
シニアマネージャー、広報担当
408-222-8744
kristinh@marvell.com