データエコノミーへのストレージ変革

ブース #511 にお越しください

(フラッシュ・メモリー・サミット) 2019 会場でマーベルの出展・講演にぜひお越しください

会場では、まもなく到来する高度に分散化されたデータ時代に向けて、ストレージやネットワーク・アーキテクチャに革命的な変革をもたらす、マーベルの最新技術をご覧いただくことができます。 マーベルは、エッジ・クライアントから高性能クラウド・コンピューティング・データセンター・テクノロジに至るまで、確かな製品ポートフォリオを展開しています。たとえば:

  • NVMe-oF ストレージの非集約化ソリューション
  • クラウド & エンタープライズ NVMe-oF & NVMe SSD コントローラー
  • エッジ & クライアント・ストレージの革新
  • NVMe-oF TCP、RDMA、および FC-NVMe 向けのサーバー接続 

マーベルは、次のような基調講演や技術トラックにも参加予定です。

基調講演
データエコノミーを加速するための革新的なチップセット
Marvell フラッシュビジネスユニット マーケティング担当副社長、ナイジェル・アルヴァレス
8 月 7 日(水) 午後 2 時 10 分

概要:
何十億ものデバイスがオンラインになり、ゼタバイトのデータを生成し始めるにつれて、これらを処理するための新しい技術が不可欠であり、そのための新しいアーキテクチャーが活用されるでしょう。チップセットの革新は、高性能のエッジプロセッサーとローカルプロセッサー、超高速イーサネットデバイスとスイッチ、低消費電力のコントローラーとデバイスソリューション、そして新しい5Gワイヤレスシステムなどを実現するてめの重要な役割を担っています。すべての階層でローカルおよび分散処理を可能にするには、新しいアーキテクチャーが必要です。これらは、実現が容易な新しいレベルのスケーラビリティをもたらし、機械学習を統合し、またリアルタイム分析および高性能コンピューティングの要求に対して十分なスループットを提供しなければなりません。こうした要件を満たすには、できるだけ処理時間を短くしながらも、チップセットアーキテクチャを最適な消費電力とコストにすることが重要です。. これらの必要条件は厳しい注文とはいえ、成長を続けるデータエコノミーを加速させるであろう技術革新としてチップメーカーは常に取り組んでいます。.

トラック:
AUTO-102A-1: 自律走行車 - エッジコンピューティングに対するストレージの挑戦
ネットワークドライブは自動車用ストレージでは次の進化 / 発展
Marvell CTOオフィス技術副社長、ノーム ミズラ
8 月 6 日 (火) 午後 3 時 40 分 - 6 時 00 分

NVM-202B-1: 既存および新規アプリケーションへのNVMe-oFの活用(セッションスポンサー:NVM Express)
Marvell プロダクト ーケティング マネージャー ニシャント・ローダ
8 月 7 日 (水) 午後 4 時30 分 - 5 時 40 分

AI, ML とストレージ (スポンサー: ValleyML.ai、 IEEE SCV-CIS、 CS)
ストレージ・エッジでのデータの理解: AI / ML の展望
Marvell ディレクター Ned Varnica 博士
8 月 7 日 (水)午後 7 時 00 分 - 9 時 00 分

COMP-301A-1: Computational Storage: コントローラーとテクノロジー / ソリューションの導入 
コンピューティングストレージ性能を向上させるための NVMe-oF SSDの活用について
シャハール ノイ, Marvell プロダクトマーケティング・シニアディレクター
8 月 8 日 (木) 午前 8 時 30 分 - 10 時 50 分

NVMF-302B-1: イーサネット接続の SSD はあり得ますか?
ネイティブ NVMe-oF SSD
Marvell シニア テクニカル プロダクト マーケティング マネージャー クラーム マリク
8 月 8 日 (木) 午後 3 時 40 分 - 5 時 00 分