節水活動

マーベルコミュニティは積極的にサステナビリティを推進し、イノベーティブな低消費電力技術開発に取り組んでいます。

節水活動

環境に配慮した節水

世界中で水資源の徐々に乏しくなってきており、大切な水を無駄遣いすることはもはやできません。 水資源の供給を圧迫することなく、適切なフローを維持し、経済および社会の発展を持続させるためには、節水が不可欠といえます。

水資源の枯渇は発展途上国だけの問題ではありません。 ハイテクなシリコンバレーでも、人口が増え続けて水資源を圧迫しているため、これまで以上に節水が重要になってきています。

2008 年、Santa Clara Valley Water District が現地企業や商業施設に対し、水資源の使用量を大幅に削減するよう呼びかけました。 マーベルは環境保護プログラムに参加して節水を行い、コストを削減し、二酸化炭素排出量を減らしてこれに対応しました。

節水活動

修景用水(噴水など)のスケジュール変更を含む初期の努力により、マーベルは 2010 年の段階で、2008 年と比べて水資源の使用量を 12% 削減しました。

2011 年、マーベルは飲料水の消費量 (各社員が消費する水の量) を 5% 削減するという目標を打ち立てました。 2011 年の終わりにはこの目標を上回り、飲料水の合計消費量を社員一人あたり 5% 以上削減することに成功しました。

2014 年の終わりまでに、社員一人あたりの飲料水の消費量をさらに 5% 削減するというのが、マーベルの目標です。