サステナビリティ

マーベルコミュニティは積極的にサステナビリティを推進し、イノベーティブな低消費電力技術開発に取り組んでいます。

サステナビリティ

サステナビリティおよび企業の社会的責任

世界のファブレス大手半導体企業であるマーベルは、革新的な技術開発を推進しデジタル信号処理製品を提供することで、今日のダイナミックに変化を遂げる市場で競争力を発揮するために必要な確固たる基盤をお客様に提供しています。 しかし、私たちが成長し革新を起こすにつれて、業界の社会的、環境的、ガバナンスの課題もまた生じます。 マーベルはこれらの業界の課題について、利害関係者コミュニティのため社会的に責任あるソリューションに対して投資する機会であると見ています。

サステナビリティや企業の社会的責任 (CSR) とは、人、地球、利益という三大要素を築き、尊重するために、 皆様の意見を企業の判断に活かすことだとマーベルは考えています。 環境のサステナビリティ、コミュニティ、サプライチェーンの複雑さに関連するどのような問題であろうと、マーベルは総合的なアプローチにより、環境や地域のコミュニティに及ぼす影響について上手く対応していきます。 サステナビリティおよび企業の社会的責任に対しコミットすることは、人々や地球に対してのみならず、マーベルの事業にとっても有益なことです。

EICC (Electronics Industry Citizenship Coalition) についての取り組み

マーベルはそのような積極的な姿勢を取っており、グローバルな電子機器のサプライチェーンにおける社会、倫理、環境関連の責任意識を向上させるため、互いに協力する企業各社から成る活動的な協会「電子業界 CSR アライアンス (EICC)」をサポートしています。 マーベルは何年もの間、EICC が目標を遂げるサポートを行いつつ、EICC の行動規範に則って事業活動を行ってきましたが、2014 年 1 月にはこのコミットメントをさらに推し進め、正規メンバーとして EICC への加盟を果たしています。 EICC のメンバー各社、業界関係者、マーベルのサプライチェーンを構成する提携企業各社と協力し、電子機器のサプライチェーン全体にとって有益な成果が得られるよう、CSR に関わる活動に取り組んでいます。

マーベルがサプライヤに求める責務の詳細はコチラ
EICC (Electronics Industry Citizenship Coalition) についてはコチラ