データセンター・ソリューション

    運用費 (OPEX) と設備投資 (CAPEX) の削減

データセンターでよく発生するコスト問題のトップになるのが、実は電力にかかる費用です。  帯域幅向上への要望が厳しくなる一方で、電力効率の良いデータセンターのソリューションは不可欠になっています。  効率を最適化した設計を行うことは、コンピューティングに使用する帯域幅やデータセンターの採算性を管理する際に重要になります。  マーベルのパッシブ・インテリジェントポート・エクステンダー (PIPE) ソリューションを使用することにより、消費電力量、複雑さ、コストを簡単に削減できます。  これはデータセンターのアーキテクチャを、従来型の ToR スイッチの代わりに低コストかつ低消費電力のシンプルなエクステンダーを使って構築できるようにするデバイスです。  これはまた、現行あるいは次世代の様々なポート速度をブリッジ接続する際のベースにもなります。

マーベルのイーサネット・ソリューションと独特なポート・エクステンダーは電力効率の良い設計になっているため、設備投資 (CAPEX) と運用費 (OPEX) を削減しつつ、データセンターを高速な GbE へ効率良く移行することができます。  

スイッチング

マーベル Prestera DXとPrestera CXパケットプロセッサは、電力効率の高いネットワークアーキテクチャを新たに構築する際にきわめて重要な基幹のデバイスです。 マーベル Prestera 98PX1012は、パッシブ・インテリジェントポート・エクステンダ(PIPE)デバイスであり、多様なポート密度と速度を可能にするモジュラー構成でのアプローチとなっています。

詳細はこちら

PHY トランシーバ

マーベルの PHY トランシーバーは様々なポート密度に最適化されており、パフォーマンスに優れ、電力効率が良く、コスト効果の高い技術を提供します。

詳細はこちら

ストレージ・プロセッサ

低消費電力、高集積化を推進して効率を上げる独自の技術により、 ARMADA ストレージ・プロセッサはエンタープライズやデータセンターの市場に最適です。

詳細はこちら

 

詳細情報をお求めですか?

以下のリンクをクリックすれば、マーベルの製品やサービスの詳細情報をご覧いただけます。

情報請求